不時着する流星たち

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

発売日:
2017年01月28日
商品形態:
電子書籍
不時着する流星たち 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

不時着する流星たち

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

  • 著者 小川 洋子
発売日:
2017年01月28日
商品形態:
電子書籍

たくらみに満ちた豊穣な世界文学の誕生!

盲目の祖父は、家中を歩いて考えつく限りの点と点を結び、その間の距離を測っては僕に記録させた。足音と歩数のつぶやきが一つに溶け合い、音楽のようになって耳に届いてくる。それはどこか果てしもない遠くから響いてくるかのようなひたむきな響きがあった――グレン・グールドにインスパイアされた短篇をはじめ、パトリシア・ハイスミス、エリザベス・テイラー、ローベルト・ヴァルザー等、かつて確かにこの世にあった人や事に端を発し、その記憶、手触り、痕跡を珠玉の物語に結晶化させた全十篇。硬質でフェティッシュな筆致で現実と虚構のあわいを描き、静かな人生に突然訪れる破調の予感を見事にとらえた、物語の名手のかなでる10の変奏曲。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「不時着する流星たち」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 10人(人というには例外あり)の人たちにインスパイアされて書かれた10篇の短篇小説集。いずれも、どこか不思議な雰囲気を纏ったお話だ。その意味では、これらは始原的な意味でのモノガタリであるのかも知れない 10人(人というには例外あり)の人たちにインスパイアされて書かれた10篇の短篇小説集。いずれも、どこか不思議な雰囲気を纏ったお話だ。その意味では、これらは始原的な意味でのモノガタリであるのかも知れない。いずれも、わずかに25ページくらいの小品なので、一見したところそこに描かれるのは語り手を中心とした小世界である。ところが、そこから想像力が翼を得て空間と時間は無限の拡がりを見せる。とりわけ心の琴線に触れたのは第一話「誘拐の女王」と第十話「十三人きょうだい」。そして、それらの間を埋めるのは個性煌めく物語群だ。 …続きを読む
    ヴェネツィア
    2017年04月27日
    524人がナイス!しています
  • 小川洋子は、新作中心に読んでいる作家です。本書のタイトルも良いし、各短編のネーミングも小川洋子ワールド炸裂!実在した著名人のオマ-ジュ幻想短編集。オススメは『誘拐の女王』と『肉詰めピーマンとマットレス 小川洋子は、新作中心に読んでいる作家です。本書のタイトルも良いし、各短編のネーミングも小川洋子ワールド炸裂!実在した著名人のオマ-ジュ幻想短編集。オススメは『誘拐の女王』と『肉詰めピーマンとマットレス 』です!次は長編を読みたいなぁ。 …続きを読む
    starbro
    2017年02月16日
    327人がナイス!しています
  • 実在した偉人・奇人のエピソードをモチーフにした10編の幻想的な短編集。夢を見ているような不思議な読後感で、作家がある出来事から、着想し、自由な空想し、物語に仕上げていくプロセスがわかるような本でした。 実在した偉人・奇人のエピソードをモチーフにした10編の幻想的な短編集。夢を見ているような不思議な読後感で、作家がある出来事から、着想し、自由な空想し、物語に仕上げていくプロセスがわかるような本でした。個人的には、第二話の「散歩同盟会長への手紙」が好きでした。出版社の梱包係としての仕事に誇りを持つ孤独な主人公が、行きつけの喫茶店のプレゼントの梱包を手伝い、喜びを感じる物語で、他人を気にせず、自分らしく生きる姿が、市川拓司さんの小説の主人公を彷彿とさせ、心に染みました。タイトル、装丁ともに素敵な一冊でした。 …続きを読む
    ウッディ
    2018年07月13日
    239人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品