富士見L文庫

きみの分解パラドックス

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年08月13日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784040709888
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

きみの分解パラドックス

  • 著者 井上 悠宇
  • イラスト 456
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年08月13日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784040709888

物も謎もすべてバラバラに――異質な少女の学園青春ミステリー

物をバラバラにすることに異常な情熱を持つ少女・玲夏と幼なじみの少年・友紀は、総合パズル研究同好会に入部する。とあるバラバラ連続殺人事件の謎を調査する友紀たちだったが、校内で1人の生徒が殺害され――。

メディアミックス情報

NEWS

「きみの分解パラドックス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ねぇ、頭と胴体をちぎったら、どっちがてんとうむし?」あらゆるものをバラバラに分解することに執着する幼馴染・天使(あまつか)玲夏と、彼女が分解したものを組み立てる主人公・結城友紀。振り回されているよう 「ねぇ、頭と胴体をちぎったら、どっちがてんとうむし?」あらゆるものをバラバラに分解することに執着する幼馴染・天使(あまつか)玲夏と、彼女が分解したものを組み立てる主人公・結城友紀。振り回されているようでいびつな共依存でもあるふたりの危うさが、比較的淡々とした文章にいい緊張感を生んでいる。『よくできました』いわゆるキャラものミステリではあるが、キャラの個性が過不足なく物語の展開とかみ合っているので嫌味がなくて好感触。エピローグの手帳のくだりは定番のデレ感ではあるが効果的。 …続きを読む
    おかむー
    2017年08月27日
    72人がナイス!しています
  • 物をバラバラにすることに対して人並み以上の情熱を持つ異質な少女・天使玲夏と、彼女の幼馴染で何よりも平穏を望む少年・結城友紀が総合パズル研究同好会へと入部し、同好会のメンバーと“アドレス”と呼ばれる犯人 物をバラバラにすることに対して人並み以上の情熱を持つ異質な少女・天使玲夏と、彼女の幼馴染で何よりも平穏を望む少年・結城友紀が総合パズル研究同好会へと入部し、同好会のメンバーと“アドレス”と呼ばれる犯人による、バラバラ連続殺人事件の謎を追う物語。独特な行動基準で動く彼女をきちんと理解してフォローしている友紀は、口ではいろいろ言ってもお互いにかけがえのない存在なんだろうなと(苦笑)一見サイコさんな玲夏も友人には優しくて、ささやかな目標を手帳に書いてる一面は可愛いかったです。続編あるならまた読んでみたいですね。 …続きを読む
    よっち
    2016年09月19日
    35人がナイス!しています
  • うーん・・・、感情移入がどの登場人物にもできず、キャラのお芝居を眺めているだけという感じがしました・・・。 うーん・・・、感情移入がどの登場人物にもできず、キャラのお芝居を眺めているだけという感じがしました・・・。
    佐島楓@勉強中
    2016年09月19日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品