あすかコミックスDX

ブラッディ+メアリー 第8巻

「思い出したよ“メアリー”」…きみが本物の“メアリー”だ…!!

  • 著者 サマミヤ アカザ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
162
ISBN:
9784041045459
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ComicWalker

あすかコミックスDX

ブラッディ+メアリー 第8巻

「思い出したよ“メアリー”」…きみが本物の“メアリー”だ…!!

  • 著者 サマミヤ アカザ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月26日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
162
ISBN:
9784041045459

「思い出したよ“メアリー”」…きみが本物の“メアリー”だ…!!

自分のせいで双子の“メアリー”を死なせてしまった。記憶を思い出し、その後悔の念に押しつぶされそうになるメアリー。そしてついに、その体を“メアリー”に明け渡すことに―――。

登場人物

ブラッディ・メアリー

何百年も生きすぎて、もはや死ぬことしか考えられなくなっている赤い髪の吸血鬼。しかし、その数百年間の記憶は曖昧。マリアの血を吸血することを極端に嫌う。

一郎・ロザリオ・ディ・マリア

横浜在住の神学校に通う高校生。一応神父。自分の身を守るためなら、誰でも、なんでも利用する冷酷な一面も。しかしそれにはマリアの過去が関係していて…。

櫻庭 拓美

マリアの通う神学校の生徒会長。櫻庭家は裏で日本を牛耳る権力者の一族で、代々吸血鬼の研究を行ってきた。マリアの家系も櫻庭家の末端に名を連ねる。

ハイドラ

マリアの前に現れた、少女の姿をした吸血鬼。どうやらメアリーと面識があるようだが、メアリーのほうは覚えていない。

イザーク・ロザリオ・ディ・マリア

イギリスに蔓延っていた吸血鬼から人間を守る救世主として名を馳せていたが、日本からきた櫻庭結という女性に見初められ、日本に渡る。マリアの祖父。

結生・ロザリオ・ディ・マリア

結を亡くしたイザークが、狂気の果てに造りだしたクローン。不死だったはずだが、吸血鬼によって惨殺されてしまう。マリアの父。

トピックス

最近チェックした商品