PAUL McCARTNEY THE LIFE ポール・マッカートニー ザ・ライフ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
768
ISBN:
9784041043196

PAUL McCARTNEY THE LIFE ポール・マッカートニー ザ・ライフ

  • 著者 フィリップ・ノーマン
  • 訳者 石垣 憲一
  • 訳者 竹田 純子
  • 訳者 中川 泉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年02月25日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
768
ISBN:
9784041043196

新たな真実。ポールが初めて認めたバイオグラフィー。必携の一冊。

ポール・マッカートニーの了解と、家族や近しい友人らの協力を得て執筆された初のバイオグラフィー。ビートルズ時代から現在に至るまで、半世紀分のポピュラー音楽と文化を見事なまでに想起させる本書は、長らく誤解されてきた天才の人生を如実に描き出している。幻に終わった来日公演やヘザー・ミルズとの離婚騒動など、陰の面もためらうことなく描くファン必携の一冊。

ビートルズの解散から40年以上たった今でもその人気は衰えず、彼らの出身地であるリバプール市内では青色のミニバスが観光客を乗せてビートルズ所縁の地を巡っている。4人組の中でもハンサムで甘い歌声が人気であったポール・マッカートニー。ビートルズはもちろん、ポールの人生や歌をより深く知るのに、恰好の一冊となるはずだ。

20世紀のポップ・ミュージックの巨人、ポール・マッカートニーが初めて認めたバイオグラフィー。新たな真実も含まれ、全83万字超・700ページ超(32ページの口絵も収録)の究極の一冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

◇プロローグ  オール・アワ・イエスタデイズ
◇第1部 天国への階段
◇第2部 バーナム&ベイリー・ビートル
◇第3部 家、家族、愛
◇第4部 その重荷を背負って(キャリーイング・ザット・ウェイト)
◇第5部 バック・イン・ザ・ワールド
◇エピローグ またな、フィル  
◇謝辞 
◇アルバム・ディスコグラフィー
◇索引
◇口絵 32p

メディアミックス情報

NEWS

「PAUL McCARTNEY THE LIFE ポール・マッカートニー ザ・ライフ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 洋楽に興味を持ち始めた頃にはビートルズは解散していたが、赤盤、青盤は擦り切れる程聴いた。『イエスタディ』は中学の教科書に載った。20世紀を代表するロックバンドの作詞作曲者の影響力は絶大。その一人が熱烈 洋楽に興味を持ち始めた頃にはビートルズは解散していたが、赤盤、青盤は擦り切れる程聴いた。『イエスタディ』は中学の教科書に載った。20世紀を代表するロックバンドの作詞作曲者の影響力は絶大。その一人が熱烈なビートルズ・ファンのスティーブ・ジョブス。ビートルズの収入を管理する会社としてポールが命名したアップル・コア社より、社名と製品名を拝借。一方で、ドラッグにまつわるトラブルは枚挙に暇がなく、加齢で自制がかかるまでは悪びれた様子がない。離婚や再婚に伴うトラブルも赤裸々に描かれている。これは、見習わぬほうが良い。 …続きを読む
    Miyoshi Hirotaka
    2020年11月09日
    14人がナイス!しています
  • ポール・マッカートニー ザ・ライフ ポール・マッカートニーが初めて認めたバイオグラフィー。幻に終わった来日公演やヘザー・ミルズとの離婚騒動といった陰の面も含め、ビートルズ時代から現在に至るまで、天才の ポール・マッカートニー ザ・ライフ ポール・マッカートニーが初めて認めたバイオグラフィー。幻に終わった来日公演やヘザー・ミルズとの離婚騒動といった陰の面も含め、ビートルズ時代から現在に至るまで、天才の人生を如実に描き出す。 …続きを読む
    メルセ・ひすい
    2017年06月22日
    7人がナイス!しています
  • 非常に面白かったのですが、欲を言えばビートルズ時代の話は大体知っている事ばかりだったのでもうちょい少なめで、ウイングスとソロ活動時代の話がもっと充実してたら良かったと思いました。大きな成功以上にトラブ 非常に面白かったのですが、欲を言えばビートルズ時代の話は大体知っている事ばかりだったのでもうちょい少なめで、ウイングスとソロ活動時代の話がもっと充実してたら良かったと思いました。大きな成功以上にトラブルの絶えない人生だったのだなあという印象。この10数年でようやく平穏な生活が得られたのでしょうか。相変わらず精力的に行われるライブ活動にワクワクします。まだまだポールの新作を聞きたいです。 …続きを読む
    まさ☆( ^ω^ )♬
    2022年06月27日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品