葵の月

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
332
ISBN:
9784041038185

葵の月

  • 著者 梶 よう子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
332
ISBN:
9784041038185

月は、幾つもの顔を持ち、 人々の運命を照らし出す。

徳川家治の継嗣である家基が、鷹狩の後、突如体調を崩して亡くなった。暗殺が囁かれるなか、側近の書院番が失踪した。書院番の許嫁、そして剣友だった男は、それぞれの思惑を秘め、書院番の男を探しはじめる──。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「葵の月」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 梶さんの時代物わりと好きだったのだが、今作は今一つ(辛口御免)将軍家の継嗣問題に巻き込まれた若い二人。どこかで読んだ(しかもかなり沢山)感じでちょっと新鮮さに欠けた気がしての読了だった。各章が月の名を 梶さんの時代物わりと好きだったのだが、今作は今一つ(辛口御免)将軍家の継嗣問題に巻き込まれた若い二人。どこかで読んだ(しかもかなり沢山)感じでちょっと新鮮さに欠けた気がしての読了だった。各章が月の名を題していて最後に葵を持ってくるのは良かったが、登場人物に魅力を感じなかったのが難点だったのかなと・・(重ねて辛口失礼)『月は人の心の影を映し出す』ったって月は人の『素』も映す。問題は月では無いさ。そこからどう動くかだと思う。古今東西、人の欲は変わらず、お役の大変さも変わらない。真っ当に生きる事は難しいなぁ。 …続きを読む
    いつでも母さん
    2016年05月28日
    108人がナイス!しています
  • 図書館本。上田秀人さんの時代物から、お久しぶりの、梶よう子さん。登場人物ごとの視点で進む物語が新鮮に感じられ面白かった。読み易い反面、読了してみれば呆気なくて。特にラストはもう少しボリュームがあっても 図書館本。上田秀人さんの時代物から、お久しぶりの、梶よう子さん。登場人物ごとの視点で進む物語が新鮮に感じられ面白かった。読み易い反面、読了してみれば呆気なくて。特にラストはもう少しボリュームがあっても良かったなぁ。 …続きを読む
    ねむねむあくび♪
    2022年01月06日
    73人がナイス!しています
  • 奥右筆秘帳シリーズ(上田秀人)を一気読みした後で読んだので楽しく読めた。将軍家治の継嗣・家基の突然の死をきっかけに出奔し勘当された坂木蒼馬とその許嫁・立原家の志津乃。志津乃の新しい相手になりそうな蒼馬 奥右筆秘帳シリーズ(上田秀人)を一気読みした後で読んだので楽しく読めた。将軍家治の継嗣・家基の突然の死をきっかけに出奔し勘当された坂木蒼馬とその許嫁・立原家の志津乃。志津乃の新しい相手になりそうな蒼馬の親友・高階信吾郎。この3人とその周辺の4人の視点で物語が進む。家基の死や御落胤、権力闘争などが盛り沢山なのでもう少し長い作品の方が満足感が得られたかもしれないという気もする。 …続きを読む
    真理そら
    2020年11月15日
    73人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品