キリンの子 鳥居歌集

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年02月10日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
168
ISBN:
9784048656337

キリンの子 鳥居歌集

  • 著者 鳥居
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年02月10日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
168
ISBN:
9784048656337

歌があるから、生きられた――マスコミで話題沸騰の女性歌人、初の歌集

目の前での母の自殺、小学校中退、施設での虐待、ホームレス生活。拾った新聞で字を覚え、短歌に出会って生きのびた天涯孤独のセーラー服歌人の初歌集。解説:吉川宏志、いとうせいこう氏&大口玲子氏(歌人)推薦。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「キリンの子 鳥居歌集」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 生死の葛藤、人生の明暗の闇を隠さない短歌。生い立ちの衝撃、人間の強さ、生きるための過酷さ。…皆が私を捨てて置き去りにする。存在する場所がない。音もなく涙を流す我がいる。人の群れから抜け出して孤独になれ 生死の葛藤、人生の明暗の闇を隠さない短歌。生い立ちの衝撃、人間の強さ、生きるための過酷さ。…皆が私を捨てて置き去りにする。存在する場所がない。音もなく涙を流す我がいる。人の群れから抜け出して孤独になれる。私に眠りを。絵本の夢を。日々直面する辛さや苦しみの重さが分からなくなるほどに深く、底の見えない穴に落ちる。泣いたってよかったはずだ母は。あの木造アパートは今はもうない。生きていくしかない。生きる意味がわからないまま生きてみるしかない。月明かりに照らされて、眠れない夜の現実。朝焼けの悲しみ、誰もいない自由。 …続きを読む
    やすらぎ
    2021年11月27日
    185人がナイス!しています
  • 初めて短歌の本を読んだ!なかなか重い作品だが読んで良かったと思う! 31文字で表される世界観に魅せられた。決して明るい内容ではない。むしろとんでもないほど暗い世界である。この本の作者の鳥居さんは私が過 初めて短歌の本を読んだ!なかなか重い作品だが読んで良かったと思う! 31文字で表される世界観に魅せられた。決して明るい内容ではない。むしろとんでもないほど暗い世界である。この本の作者の鳥居さんは私が過ごしてきたような経験をしてこなかった。両親の離婚 母や友の自殺 いじめなどといった想像に絶する経験をしてきた。その作者が紡ぐ言葉は純粋過ぎる部分をせめている。何かがあれば崩れるようなほど危ういものである。だからこそ私たちの心をそっと揺らしてくる。また鳥居さんの話を読みたいと思った! …続きを読む
    はっせー
    2020年03月03日
    164人がナイス!しています
  • 精神病院付属中学校のクラスメイトの一人。クラス中からいじめられていたその女の子は、鳥居さんの目の前で急行列車が走り来る踏切の遮断機くぐり抜け、制服の破片だけ残し手品のように消えてしまう。「紺の制服」一 精神病院付属中学校のクラスメイトの一人。クラス中からいじめられていたその女の子は、鳥居さんの目の前で急行列車が走り来る踏切の遮断機くぐり抜け、制服の破片だけ残し手品のように消えてしまう。「紺の制服」一連の短歌は読むのが正直、しんどいレベルなので他の印象に残った短歌を。【くちあけてごはんいれてものみこまず死を知らぬ子は死にゆくひとに】【母の死で薬を知ったしかし今生き抜くために同じ薬のむ】【味噌汁の湯気やわらかくどの朝も母はわれより先に起きていて】【目を伏せて空へのびゆくキリンの子月の光はかあさんのいろ】→続 …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火
    2016年06月17日
    142人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品