東京結合人間

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041034743

東京結合人間

  • 著者 白井 智之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年09月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041034743

グロテスクな世界観と緻密な論理的推理に彩られる、異色の本格ミステリ。

“一切嘘がつけない”障害をもつ結合人間“オネストマン”だけが集う孤島で、殺人事件が起こる。容疑者たちは“嘘をつけない”はずだが、全員が犯行を否定。事件に巻き込まれた圷は殺人犯を追うが――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「東京結合人間」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • きゃー‼︎こんなの初めて…。本当にめっちゃエグくて怖かった。元気な時に読むのがいいよと言われてた意味がよくわかる(笑)男女が特殊な生殖活動で結合人間になることだけはわかっていて覚悟もできてたのでプロロ きゃー‼︎こんなの初めて…。本当にめっちゃエグくて怖かった。元気な時に読むのがいいよと言われてた意味がよくわかる(笑)男女が特殊な生殖活動で結合人間になることだけはわかっていて覚悟もできてたのでプロローグは余裕でコレのことを皆が心配してくれてたんだと思ってたら1章がとんでもなくエグかった!目を背けたくなることのオンパレード!それをクリアしたら大丈夫と聞いていた通り孤島クローズドサークルミステリーへ♪この斬新な作品は何なんだ?最後の最後まで二転三転して面白い!白井さんがド変態だとよくわかった(褒めてます笑) …続きを読む
    ❁かな❁
    2018年03月19日
    190人がナイス!しています
  • エロ、グロ、SF、バイオレンスのカオスなコラボレーションに軽く目眩。そして設定、展開、真相の悪魔的な大胆さに唖然。プロローグの結合で怯み、何だかサブカルチックな少女売春にゲンナリし、孤島のクローズドで エロ、グロ、SF、バイオレンスのカオスなコラボレーションに軽く目眩。そして設定、展開、真相の悪魔的な大胆さに唖然。プロローグの結合で怯み、何だかサブカルチックな少女売春にゲンナリし、孤島のクローズドで胸踊らせたあとエピローグで脳天割りを喰らう。序盤から伏線を匂わせる記述は頻発するものの、どこに繋がるのかまるで予想させないところがこの特殊設定の為せる業。「あれとかそれとかどうなった…」と訝しみながらのエピローグ突入で怒濤の真相暴露ラッシュに呑まれ頭の中は限界突破状態に!まさにバージンショックな本格だった。 …続きを読む
    🐾Yoko Omoto🐾
    2016年02月03日
    173人がナイス!しています
  • 読み始めて数行での感想は「これはダメだ…」“結合”というトンデモ設定に向けてのグロい行為やら、序盤描かれるエロや軽薄な悪事に不安いっぱいで何とかついていく感じ…それが何やら一章最後で身を乗り出す展開に 読み始めて数行での感想は「これはダメだ…」“結合”というトンデモ設定に向けてのグロい行為やら、序盤描かれるエロや軽薄な悪事に不安いっぱいで何とかついていく感じ…それが何やら一章最後で身を乗り出す展開になると、二章では孤島やら密室モノな本格ミステリに早変わり!嘘がつけないオネストマンに紛れ込んだノーマルマンは誰だ!?の推理は面白いが少しスピード感鈍るのが残念…そもそも結合人間にする必要あるのかと首かしげて読んでいた自分はラストとエピローグで浅はかさに気付かされて降参(笑) …続きを読む
    nobby
    2017年04月09日
    127人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品