富士見L文庫

あやし絵刺繍幻燈譚

原画師の兄と刺繍師の弟。縫い象るは、この世ならざる魂の幻影。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040706511
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

富士見L文庫

あやし絵刺繍幻燈譚

原画師の兄と刺繍師の弟。縫い象るは、この世ならざる魂の幻影。

  • 著者 史間 あかし
  • イラスト 北沢 きょう
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年06月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784040706511

原画師の兄と刺繍師の弟。縫い象るは、この世ならざる魂の幻影。

古寺織物に勤める原画師の早苗と刺繍師の瑞穂は、性格も見た目も正反対の兄弟。二人はある日、人にとり憑いているという刺繍の検分を依頼される。一族に伝わる刺繍の「秘術」で事件を解決しようとする二人だが……

メディアミックス情報

NEWS

「あやし絵刺繍幻燈譚」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明治の世を舞台にした、血がつながらない兄弟の物語。兄は原画師、弟は刺繍師というちょっと変わった設定と、当時の風俗が丁寧に書かれた点が面白かったです。最初こそ弟の瑞穂の性格や口調がしっくりこなかったので 明治の世を舞台にした、血がつながらない兄弟の物語。兄は原画師、弟は刺繍師というちょっと変わった設定と、当時の風俗が丁寧に書かれた点が面白かったです。最初こそ弟の瑞穂の性格や口調がしっくりこなかったのですが、読み進めるうちに慣れました。続編を希望します。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2015年08月05日
    35人がナイス!しています
  • 小説家も、また職人だと思います。新しいものや、奇をてらったものはわっと注目されますが、だからといって連綿と受け継がれたものを軽んじてはいけないのです。刺繍が扱われている話ですが、そんな気概を感じました 小説家も、また職人だと思います。新しいものや、奇をてらったものはわっと注目されますが、だからといって連綿と受け継がれたものを軽んじてはいけないのです。刺繍が扱われている話ですが、そんな気概を感じました。 …続きを読む
    エルス
    2015年06月27日
    17人がナイス!しています
  • 前作の『町医者風尹…』から比べると、登場人物もエピソードもかなり絞り込んだ印象です。時代背景や原画師の兄と刺繍師の弟が一族に伝わる刺繍の秘術で事件を解決していくというストーリーは、能が絡んでいたりとな 前作の『町医者風尹…』から比べると、登場人物もエピソードもかなり絞り込んだ印象です。時代背景や原画師の兄と刺繍師の弟が一族に伝わる刺繍の秘術で事件を解決していくというストーリーは、能が絡んでいたりとなかなか奥深い。駒子さん、兼高さん、兵庫さんのエピソードがもうちょっと作り込みされていたらもっと魅力的になりそう。お父上の考えた兄弟の名前のエピソードが素敵でした。ちなみにダブり買い(´Д` ) …続きを読む
    ううち
    2015年11月25日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品