異邦人が覗いたニッポン 再びの「ディスカバリージャパン」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年05月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046012371

異邦人が覗いたニッポン 再びの「ディスカバリージャパン」

  • 著者 雑学総研
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年05月26日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784046012371

「かつて、日本は“異邦人”たちにどう見られていたのか?」がわかる本

明治・大正期の日本は西洋化が遅れていたこともあり、当時の逸話や写真に写った光景は、現代の我々には実に新鮮だ。2020年の東京五輪を控え「日本の良さを再確認したい日本人」が増加中の今、訴求力ある一冊!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異邦人が覗いたニッポン 再びの「ディスカバリージャパン」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 開国前夜から明治・大正の来日外国人17人の見た日本。文庫ながら歴史的事実に本人の文章を交えて人物像に迫り写真も多数。読書案内にもなる。ハリス、オールコックら外交官をはじめコンドル、バード、フェノロサな 開国前夜から明治・大正の来日外国人17人の見た日本。文庫ながら歴史的事実に本人の文章を交えて人物像に迫り写真も多数。読書案内にもなる。ハリス、オールコックら外交官をはじめコンドル、バード、フェノロサなど幅広い人選。ニコライ堂に名を遺すニコライは滞日40年の晩年、日露戦争に遭遇した。敗北した祖国と日本人信徒の間で、老いた宣教師の苦しみは相当なものだったろう。写真家ベアトの撮った強力や土方の表情は見惚れるほど逞しい。文化の違いを超えた見識と洞察力は、強い緊張感の中で磨かれたのだろう。 …続きを読む
    ホークス
    2019年05月20日
    34人がナイス!しています
  • ペリーからタゴールまで、日本を、訪れた外国人の見聞録。 個人的には、よく幼い頃訪れた三渓園にタゴールが滞在していたり、多摩地域に美術館がある平櫛田中と交流していたという内容、漫画で読んでいるイザベラバ ペリーからタゴールまで、日本を、訪れた外国人の見聞録。 個人的には、よく幼い頃訪れた三渓園にタゴールが滞在していたり、多摩地域に美術館がある平櫛田中と交流していたという内容、漫画で読んでいるイザベラバード、桜をアメリカに広めたエリザシドモアなどに関心を持った。 …続きを読む
    ポメ子
    2020年12月06日
    4人がナイス!しています
  • 取り上げられているのはシュリーマン、モース、ヴォーリズ、ペリーなど。 取り上げられているのはシュリーマン、モース、ヴォーリズ、ペリーなど。
    たか
    2018年10月22日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品