ここまでわかった! 大坂の陣と豊臣秀頼

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784046012029

ここまでわかった! 大坂の陣と豊臣秀頼

  • 編 『歴史読本』編集部
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784046012029

大坂の陣400周年! 戦国最後の大戦と豊臣秀頼の実像に迫る!

戦国時代の最後を飾る大戦・大坂の陣と豊臣秀頼の生涯を完全詳解。さらに、大坂の陣の同時代史料『駿府記』の現代語訳、長宗我部家17代当主・友親氏のインタビューなど、大坂の陣400周年に贈る、必読の1冊。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ここまでわかった! 大坂の陣と豊臣秀頼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何というか、論拠が弱かったり、間違いでは…?という資料も含まれてたり、信憑性が今一つ解らない感じの本。著者一覧を見て、何となくなるほどねって思ったりも。「駿府記」現代語訳が巻末についてるのですが、その 何というか、論拠が弱かったり、間違いでは…?という資料も含まれてたり、信憑性が今一つ解らない感じの本。著者一覧を見て、何となくなるほどねって思ったりも。「駿府記」現代語訳が巻末についてるのですが、その人物来歴が適当。丹羽長秀の年齢(生~没時代記載在り)が、冬の陣時点で計算すると87歳。阿呆か、と言いたくなった。とっくに長秀さんは亡くなっていて、長重に代替わりしてたことがたかがwikiで解りましたとさ。ええ。もしや同じ名前を継承したのを間違えたのか?とも思ったけど、それですら無かった。読む価値はあまりないな …続きを読む
    ねね
    2016年05月29日
    9人がナイス!しています
  • 「真田丸」のつながりで読む。気軽に読むことができた。 「真田丸」のつながりで読む。気軽に読むことができた。
    アトム
    2016年12月22日
    4人がナイス!しています
  • 家康と秀頼の二条城での会見の解釈に説得力がある。「こうした権力者としての狡猾さが家康の持ち味であって」の一節に作者のおおらかさを感じた。「秀吉に秀次を切腹させる意思はなかった」説、「前田利家の死後、利 家康と秀頼の二条城での会見の解釈に説得力がある。「こうした権力者としての狡猾さが家康の持ち味であって」の一節に作者のおおらかさを感じた。「秀吉に秀次を切腹させる意思はなかった」説、「前田利家の死後、利長が父の遺言に背き領国に戻ったのは家康の勧めだった」件、太田牛一著「大かうさまくんきのうち」は誰のために何の目的で書かれたかなどにおける解釈等、全部すっきり腑に落ちた。文章がすらすら読めて頭に収まっていく感じが心地良かった。 …続きを読む
    hoiminsakura
    2022年05月25日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品