井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年08月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784046533470

井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年08月21日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784046533470

歴史の因果関係を読む、待望のシリーズ第4弾!

日本史上初の本格的な対外戦争「元寇」とその勝利は、日本人の国防観にどんな影響をあたえたのか。一級史料とされてきた『八幡愚童訓』の虚実とともに、世界史的な視点をあわせながら歴史の真実に斬り込む!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「井沢元彦の激闘の日本史 北条執権と元寇の危機」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本編のテーマは北条執権と元寇の危機だが、元がなぜ日本侵略を企てたかの説明をするために、その前の時代の宋やさらに遡って秦の始皇帝の話から始まっている。そのはるか前段の話が面白い。万里の長城は始皇帝の時代 本編のテーマは北条執権と元寇の危機だが、元がなぜ日本侵略を企てたかの説明をするために、その前の時代の宋やさらに遡って秦の始皇帝の話から始まっている。そのはるか前段の話が面白い。万里の長城は始皇帝の時代から始まるにしても他の王国の国境にもあった土壁をつなぎ合わせていっただけで、長城のようなものに完成するのは明までかかったのだとか。宋は文化的に優れていたが軍事をないがしろにしたためにモンゴル帝国に侵略された。日本は貴族の時代から武士の時代に移行しており元の猛攻を凌いだ。「神風」はどうやら後世のこじつけらしい。 …続きを読む
    №9
    2016年06月19日
    24人がナイス!しています
  • 今、平行して読んでる『時宗』の時代背景を理解する手助けとなるよう読みました。元寇を撃退したのは「神風」ではなく、「鎌倉武士団の活躍」という説明に納得。面白かったです。 今、平行して読んでる『時宗』の時代背景を理解する手助けとなるよう読みました。元寇を撃退したのは「神風」ではなく、「鎌倉武士団の活躍」という説明に納得。面白かったです。
    シン
    2015年11月07日
    12人がナイス!しています
  • 古くはおおらかで寛大だった中華民族が、独善的で排他的に変わってしまった理由。「朱子学はヒステリーの産物」とまで言い切る著者が綴る南宋と平安貴族、近代中国・日本の問題点。歴史の『if』を考えてこそ、その 古くはおおらかで寛大だった中華民族が、独善的で排他的に変わってしまった理由。「朱子学はヒステリーの産物」とまで言い切る著者が綴る南宋と平安貴族、近代中国・日本の問題点。歴史の『if』を考えてこそ、その人物の功績や事件の影響を評価考察できる。日本史上初の異国からの侵略を『神風』と『言霊』で撃退した朝廷と、『武力』で撃退した鎌倉幕府。両者は決して交わらない。綺麗事だけで平和を維持することは出来ない、「人脂のべとつくような手練手管が要る」司馬遼太郎の言葉が重い。本当に元寇が鎌倉時代で、時宗の時代で良かった。 …続きを読む
    二分五厘
    2016年07月22日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品