あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年01月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046539809

あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか

  • 著者 生田 與克
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年01月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046539809

ウナギ、本マグロが絶滅危惧種! 絶滅を回避し、おいしく食べ続けるには?

かつて皿からはみ出るほど大きかったホッケ。いつの間にかすっかり小さくなってしまっていることに気づいているだろうか? 本書は、築地魚河岸三代目にして魚食のプロが日本の魚事情と魚食文化について軽快に語る!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「あんなに大きかったホッケがなぜこんなに小さくなったのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おもいっきり口語体の文章が読みやすく、構成もしっかりしており、グルメ本と思いきや問題提起が魚愛に裏打ちされている!なんで読みたいと思ったのかも忘れてしまったが優良本に出あった!愛のあるものは本に限らず おもいっきり口語体の文章が読みやすく、構成もしっかりしており、グルメ本と思いきや問題提起が魚愛に裏打ちされている!なんで読みたいと思ったのかも忘れてしまったが優良本に出あった!愛のあるものは本に限らずいいねえ~!5点満点で4.7点。 …続きを読む
    バトルランナ-
    2016年02月10日
    26人がナイス!しています
  • そういえば、最近、ホッケを食べてないなあ~ということに気付いた。まあ、自宅で食べるというよりは、やっぱり、居酒屋で・・・だなあ~。読みながら、これは、魚に限ったことではないと感じた。ゴソっと獲って、エ そういえば、最近、ホッケを食べてないなあ~ということに気付いた。まあ、自宅で食べるというよりは、やっぱり、居酒屋で・・・だなあ~。読みながら、これは、魚に限ったことではないと感じた。ゴソっと獲って、エネルギーを使って遠路はるばる輸送し、食べ残されて廃棄。これの繰り返しでは、資源として考えても、維持できるはずがない。そういう、いろいろなことの結果として、小さくなったり、無くなったりしてしまう。そこで、気づいたら、まずは、自分から、そして、知らせることから。 …続きを読む
    けんとまん1007
    2015年09月12日
    23人がナイス!しています
  • 築地でマグロの仲卸業を行っている店主が著者。魚河岸から日本の漁業を取り巻く状況について熱く語られている。近年、ウナギやマグロの資源枯渇問題がさかんに取り上げられているが、その取り上げ方の問題、漁業枠の 築地でマグロの仲卸業を行っている店主が著者。魚河岸から日本の漁業を取り巻く状況について熱く語られている。近年、ウナギやマグロの資源枯渇問題がさかんに取り上げられているが、その取り上げ方の問題、漁業枠の扱い方に関する行政の進め方の問題、などなど知らなかった事実がたくさん。一消費者としては、魚の薄利多売ビジネスに乗らず、地球の貴重な生命資源をいただいているという意識を持っていきたい。 …続きを読む
    ふぇるけん
    2015年04月14日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品