廓同心雷平八郎(三) 野望の宴

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年11月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040704364

廓同心雷平八郎(三) 野望の宴

  • 著者 鷹井 伶
  • イラスト 宇野 信哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年11月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784040704364

もてない同心・雷平八郎が、吉原の正義を貫く!

徳川吉宗の死により廓も自粛のお達しが出た頃、北町奉行所隠密同心・佐藤彦四郎と共に足抜けした遊女の亡骸が見つかる。彦四郎が殺害したのではないかと疑われたが、雷平八郎はこの事件を洗い直すことにする……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「廓同心雷平八郎(三) 野望の宴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 四郎左衛門(お春)の今後とか、もう少し読みたいシリーズだった。平八郎の容貌が好みなので楽しく読めた。 四郎左衛門(お春)の今後とか、もう少し読みたいシリーズだった。平八郎の容貌が好みなので楽しく読めた。
    真理そら
    2018年03月14日
    10人がナイス!しています
  • 雷様、大活躍。情に厚く堅物で大真面目。女郎とは無縁な男が同心として廓を守る。剣を握れば無双の強さ。四郎左衛門、田沼意次、師匠、平八郎の四者面談のやり取りも良し。 痛快で爽快な読了感。 雷様、大活躍。情に厚く堅物で大真面目。女郎とは無縁な男が同心として廓を守る。剣を握れば無双の強さ。四郎左衛門、田沼意次、師匠、平八郎の四者面談のやり取りも良し。 痛快で爽快な読了感。
    トラジ
    2018年02月16日
    5人がナイス!しています
  • 面白かった~なんだかこれで一旦終わり?な感じがしましたが、続きが読みたいです。やはり初女さん、好きだわ! 面白かった~なんだかこれで一旦終わり?な感じがしましたが、続きが読みたいです。やはり初女さん、好きだわ!
    豆狸
    2016年09月19日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品