群青のとき

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041024003

群青のとき

  • 著者 今井 絵美子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041024003

祖国のため、志高く立ち向かっていく男の人生をダイナミックに描く歴史時代

時は幕末。黒船来航の外憂内患に見舞われる中、老中に就任した阿部正弘を待っていたのは難儀な仕事ばかり。葛藤を抱え煩悶しながらも、常に祖国を背負って立ち向かっていく男の熱き人生を描く著者初の歴史時代小説!

メディアミックス情報

NEWS

「群青のとき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 正弘と闇丸の絡みで物語が推移していくのかと思ったが、正弘さんに焦点が、やはり今井作品は、おりきさん、すころくさん、お葉さんの人情物が良いですね。 正弘と闇丸の絡みで物語が推移していくのかと思ったが、正弘さんに焦点が、やはり今井作品は、おりきさん、すころくさん、お葉さんの人情物が良いですね。
    とし
    2015年10月09日
    132人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 安政の大獄を断行した老中安倍正弘。プロローグにぐっと心を捕まれたけれど本文に入ってからは歴史の勉強をしているような感じ。忍びの闇丸も中途半端だった。今井さんの人情時代小説は好きだけど今回は ★★★☆☆ 安政の大獄を断行した老中安倍正弘。プロローグにぐっと心を捕まれたけれど本文に入ってからは歴史の勉強をしているような感じ。忍びの闇丸も中途半端だった。今井さんの人情時代小説は好きだけど今回は私個人としては残念。 …続きを読む
    007
    2015年02月09日
    21人がナイス!しています
  • 明け方前の「群青色の空」に出会ってみたい。感情表現が薄くて、引き込まれるような特化要素がなく、歴史の勉強をしてる感覚だった。 明け方前の「群青色の空」に出会ってみたい。感情表現が薄くて、引き込まれるような特化要素がなく、歴史の勉強をしてる感覚だった。
    kaori
    2015年06月01日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品