試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年12月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
194
ISBN:
9784041022115

妖ノ宴

  • 著者 丸木 文華 
  • イラスト サマミヤ アカザ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年12月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
194
ISBN:
9784041022115

野心に溢れる近習×吸血鬼の、月夜に揺れる妖しい愛の華。

野心溢れる若い武士・慎三郎に、主の息子・秀秋への奉公が命じられる。軟弱で我儘と噂の秀秋だったが、自分には秘密があると恥じ入る秀秋の色香に、慎三郎は彼のことを暴きたいと思い…。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「妖ノ宴」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦国時代が舞台。将来を嘱望されていた武士慎三郎×子供時代に動物の血を吸っているのを見られてから見捨てられた状態だった秀秋。お付きのものが秀秋の美貌に狂ってしまうという無自覚魔性系です。吸血鬼ネタなので 戦国時代が舞台。将来を嘱望されていた武士慎三郎×子供時代に動物の血を吸っているのを見られてから見捨てられた状態だった秀秋。お付きのものが秀秋の美貌に狂ってしまうという無自覚魔性系です。吸血鬼ネタなのですが、そんな魔物の名前は戦国時代には無く、秀秋の血を吸う奇癖と慎三郎が同じく吸血鬼になってしまい、共に夜の世界に旅立ってしまうのは、能か何かみたいでした。全て何かの因果で終わってしまう。血を舐めるとお互いに興奮してしまうという濃厚なエロも美味しかったです。鬼の話より日本昔ばなしでした。 …続きを読む
    パラ野
    2015年03月04日
    32人がナイス!しています
  • 積本崩し。丸木さんらくて面白い。下剋上の主従ものに吸血鬼という設定を上手く纏めている。ふたりの心情も上手く描かれている。最後はほんとにお伽話のようなエンドだったが。ただ、個人的に攻が受と交わることに拠 積本崩し。丸木さんらくて面白い。下剋上の主従ものに吸血鬼という設定を上手く纏めている。ふたりの心情も上手く描かれている。最後はほんとにお伽話のようなエンドだったが。ただ、個人的に攻が受と交わることに拠って、肉体的変化を経て、同じく「もののけ」になった、という伏線があったらもっと流れが自然のような気がしますが。それと、己には吸血鬼ネタというものにあまり興味ない、ツボじゃないのことが判明。(だからずっと積んでたのか、笑)繊細なイラストは受の絵にしてはいいが、攻が上手く描かれてないのもちょっともったいない。 …続きを読む
    辺辺
    2016年09月10日
    31人がナイス!しています
  • ★★★☆☆。積本崩し。あらすじ買い。時代モノで吸血鬼モノの認識で読み始めたけど、単純に吸血鬼モノとも言えない不思議なお話で面白かったです。攻めが受けにジワジワ捕らわれていくのが実に上手く描かれてる ★★★☆☆。積本崩し。あらすじ買い。時代モノで吸血鬼モノの認識で読み始めたけど、単純に吸血鬼モノとも言えない不思議なお話で面白かったです。攻めが受けにジワジワ捕らわれていくのが実に上手く描かれてるなと思いました。受けが攻めに固執する感情が単純な愛情だけではないようなところも妖しげで良い雰囲気。ルビーだけどなかなかの読み応え。 …続きを読む
    たべもも
    2015年02月11日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品