慟哭の海峡

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784041021538

慟哭の海峡

  • 著者 門田 隆将
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月10日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
340
ISBN:
9784041021538

やなせたかしがアンパンマンを生み出した、その背景にある物語とは――。

太平洋戦争時、20万人とも言われる犠牲者を生んだ台湾~フィリピン間のバシー海峡。生き延びたある人は私財を投げ打ち毎年の慰霊を続け、亡くなった人の中には「アンパンマン」作者やなせたかしの弟もいた――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『慟哭の海峡』プロモーション映像


「慟哭の海峡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アメリカの潜水艦に撃沈された日本艦から生還した生存者の漂流記を読んだのは初めてです。戦友を慰霊するために尽力した中島さんの生き様に感動するとともに、バシー海峡で散った日本兵たちの「無念」を実感すること アメリカの潜水艦に撃沈された日本艦から生還した生存者の漂流記を読んだのは初めてです。戦友を慰霊するために尽力した中島さんの生き様に感動するとともに、バシー海峡で散った日本兵たちの「無念」を実感することができました。自分の顔を食べさせて困っている人を助けるアンパンマン。今までは、こんな変なキャラクターがなぜヒットしたのだろう?と思っていましたが、この本を読んで、やなせたかしさんが一風変わった自己犠牲キャラクターを誕生させた想いを初めて理解することができました。 …続きを読む
    それいゆ
    2014年11月22日
    80人がナイス!しています
  • 台湾とフィリピンの間に横たわる「バシー海峡」、第2次大戦末期、数多くの日本の艦船が米軍の攻撃により沈没した。この本の中では揚陸母船・玉津丸からの生還者・中島秀次氏と、駆逐艦呉竹の沈没で戦死したやなせた 台湾とフィリピンの間に横たわる「バシー海峡」、第2次大戦末期、数多くの日本の艦船が米軍の攻撃により沈没した。この本の中では揚陸母船・玉津丸からの生還者・中島秀次氏と、駆逐艦呉竹の沈没で戦死したやなせたかし氏の弟柳瀬千尋氏、そしてやなせたかし氏を描いたノンフィクション。戦争がいかに無残で悲惨なものかをあらためて突きつけられました。終戦から70年、こういう本こそ数多くの若者に読んで欲しいと思いました。 …続きを読む
    ゆみねこ
    2015年01月13日
    67人がナイス!しています
  • バシー海峡と聞いて、それが何処で、何があった場所なのか答えられる人は少ないと思う。私も答えられない人だった。でも、この本を読んで、多くの船が沈み、数えきれない人の命が尽きた場所だと知った。その中には、 バシー海峡と聞いて、それが何処で、何があった場所なのか答えられる人は少ないと思う。私も答えられない人だった。でも、この本を読んで、多くの船が沈み、数えきれない人の命が尽きた場所だと知った。その中には、やなせたかしさんの弟もいた。やなせさんのアンパンマンに託した想いを知った。また、12日間も漂流して何とか命を繋いだ中嶋さんが、戦後、海に消えた戦友たちの慰霊のために潮音寺というお寺を建てたことを知った。お二人ともすでに亡くなっているが、私はこうやって戦争世代の方の体験や想いを知ることが出来て良かったと思う。 …続きを読む
    ころりんぱ
    2015年03月31日
    52人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

門田 隆将

1958年(昭和33年)、高知県生まれ。中央大学法学部卒。ノンフィクション作家として、政治、経済、司法、事件、歴史、スポーツなど幅広い分野で活躍。『この命、義に捧ぐ 台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡』(角川文庫)で第19回山本七平賞受賞。
主な著書に『甲子園への遺言 伝説の打撃コーチ高畠導宏の生涯』(講談社文庫)、『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮文庫)、『太平洋戦争 最後の証言』(第一部〜第三部・小学館)、『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』(PHP研究所)、『狼の牙を折れ 史上最大の爆破テロに挑んだ警視庁公安部』(小学館)、『記者たちは海に向かった津波と放射能と福島民友新聞』(角川書店)などがある。

最近チェックした商品