ザ・カルテル 下 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年04月23日
商品形態:
電子書籍

ザ・カルテル 下

  • 著者 ドン・ウィンズロウ
  • 訳 峯村 利哉
発売日:
2016年04月23日
商品形態:
電子書籍

正義は存在せず、人命は紙よりも軽い。壮絶なこの戦争に終わりはあるのか?

捜査陣の中に、裏切り者がいる。選び抜かれたメンバーのいったい誰が?密かに捜査を進めたケラーは、驚愕の事実に対峙する。圧倒的な怒りの熱量で読む者を容赦なくうちのめす。21世紀クライム・サーガの最高傑作。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ザ・カルテル 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 凄まじい規模の暴虐に発展する下巻。正邪も善悪も全部混沌に呑み込まれた物語で、ケラーが下していく決断の数々が重くもあり、ふさわしい。上巻からすでに感じられたアダンの変容が、こういう終着点を迎えるとは。と 凄まじい規模の暴虐に発展する下巻。正邪も善悪も全部混沌に呑み込まれた物語で、ケラーが下していく決断の数々が重くもあり、ふさわしい。上巻からすでに感じられたアダンの変容が、こういう終着点を迎えるとは。とにかく壮絶。マグダやイベッテ、マリソルやヒメナといった独立志向の女性キャラへの扱いは一概に容赦なく、そんな中で、唯一籠の鳥的存在だったエバが一際不気味に目立つ。エディの一歩引いた目線と、対比のようにパブロの物語を組み込んだのも大成功。何かで続編がある?というのを見た気がするが、気のせいだったか? …続きを読む
    W-G
    2018年04月30日
    412人がナイス!しています
  • 下巻に入っても、殺戮の日々が続く。 メキシコを舞台にした麻薬抗争 、どこまでが 真実に基づくのか..誰が敵で 誰が味方か わからない状態で ひたすら殺人が続くこの物語.. 正直気分の良いものではないが 下巻に入っても、殺戮の日々が続く。 メキシコを舞台にした麻薬抗争 、どこまでが 真実に基づくのか..誰が敵で 誰が味方か わからない状態で ひたすら殺人が続くこの物語.. 正直気分の良いものではないが、 現代のメキシコの惨状を 中米の今を描いているのだろうか。最後も 心落ち着かない幕切れだった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2016年12月31日
    252人がナイス!しています
  • 作品の良し悪しを評するより先に立ち昇るのは、こんな凄いものを書いた著者への畏敬と畏怖。身内への愛情と裏腹の憎悪から生じる凄絶な復讐の連鎖。『犬の力』に見られたカルテル間の不文律さえ失われ、ジャーナリス 作品の良し悪しを評するより先に立ち昇るのは、こんな凄いものを書いた著者への畏敬と畏怖。身内への愛情と裏腹の憎悪から生じる凄絶な復讐の連鎖。『犬の力』に見られたカルテル間の不文律さえ失われ、ジャーナリストも収賄か死かを迫られ、無辜の市民が問答無用で殺戮される暴虐が横行し、国家を巻き込んでの混沌の泥沼が広がる。僕はその凄惨さに神経を摩耗させ、疲弊し、麻痺させる。断片的に記される「点」のようなエピソードを線で繋ぐ手法。登場人物が多く全貌を把握するのは難しいが、その難義を補って余りある場面ごとのリアリティと衝撃。 …続きを読む
    みも
    2021年03月30日
    223人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品