キル・リスト

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041014615

キル・リスト

  • 著者 フレデリック・フォーサイス
  • 訳者 黒原 敏行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
344
ISBN:
9784041014615

「身元を暴き、捜し出し、抹殺せよ」。<追跡者>に大統領指令が下る!

ホワイトハウスに存在する、超危険人物の名前のみが記された極秘名簿<キル・リスト>。新たにリストに加わった狂信的イスラム原理主義者<説教師>の抹殺のため、<追跡者>の暗躍が始まる――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「キル・リスト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホワイトハウスには、アメリカに害を及ぼすS級危険人物を列挙した「キルリスト」が存在するという。ネットでテロを扇動する狂信的イスラム主義者『説教師』と、これを排除すべく動き出す特務機関のテロリストハンタ ホワイトハウスには、アメリカに害を及ぼすS級危険人物を列挙した「キルリスト」が存在するという。ネットでテロを扇動する狂信的イスラム主義者『説教師』と、これを排除すべく動き出す特務機関のテロリストハンター『追跡者』。両者の緊迫した攻防を軸に、近代情報戦の驚くべき実態が明かされる。巨匠フォーサイスの得意技、現実と虚構の境界線を曖昧にしたモキュメンタリーの手法が冴えわたる本作、迫真の展開はさすがの大御所健在といったところか。老体を鼓舞しつつ、あの超危険地帯ソマリアで取材を敢行した作者の執念が滲む力作だ。 …続きを読む
    utinopoti27
    2019年03月25日
    119人がナイス!しています
  • 設定もネタも最高。かのフォーサイスだもの、面白くないのがおかしい・・という先入観で読んだからか、面白くない。久しぶりの翻訳臭プンプンで脳に染み込まなかったのが大きな理由。6年前刊行の本 当時は売れたの 設定もネタも最高。かのフォーサイスだもの、面白くないのがおかしい・・という先入観で読んだからか、面白くない。久しぶりの翻訳臭プンプンで脳に染み込まなかったのが大きな理由。6年前刊行の本 当時は売れたのか、話題になったのか?それとは別に国家の敵であれば司直の手も経ずに暗殺できる・・リストもあるというのが事実以前のものとして存在するような気になるから世界は怖い。しかもこの6年での技術の進歩は考えるだけでも恐怖。ドローンの多用・テロ教唆の手法、そして10代のハッカー続出なんて予知していたかのよう。 …続きを読む
    キムチ27
    2020年07月12日
    56人がナイス!しています
  • 何かと忙しく読み終えるまでに時間がかかってしまった。こう言った世界の話を書かせるとうまいな。取材が基本だよね。オマルのくだりは、最後にそう言えばそうだったなと気付かされた。本筋とは関係ないところだけれ 何かと忙しく読み終えるまでに時間がかかってしまった。こう言った世界の話を書かせるとうまいな。取材が基本だよね。オマルのくだりは、最後にそう言えばそうだったなと気付かされた。本筋とは関係ないところだけれど妙に納得してしまった。 …続きを読む
    サトシ@朝練ファイト
    2014年06月23日
    44人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品