外資1年目の教科書

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041106457

外資1年目の教科書

  • 著者 福留 浩太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月13日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784041106457

これから外資系企業で働く人に知ってほしいこと

JPモルガン証券、ドイツ証券などで営業部門責任者を務めた著者が教える「これから外資系企業で働く人に知っておいてほしいこと」。すでに働いている人や、外資系企業を目指す人にもおすすめの一冊。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「外資1年目の教科書」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 外資金融業界で働くということを経験則から説明した内容で読みやすい。私には無縁の業界なのでおもしろく読んだが、実際にこの業界で働くことは大変な緊張や不安を強いられる。この業界でキャリアを積むことは、様々 外資金融業界で働くということを経験則から説明した内容で読みやすい。私には無縁の業界なのでおもしろく読んだが、実際にこの業界で働くことは大変な緊張や不安を強いられる。この業界でキャリアを積むことは、様々なバランスを求められ、マネージャ、組織人、家庭人としてどうあるべきか試されることの連続である。精神的なタフさばかり印象に残る一方で、目標を達成した人間にしか見えない景色があるのも事実である。厳しい業界での成功や失敗談から著者の人柄や業界の人々の熱い人間性が伺え、興味深く読んだ。 …続きを読む
    ito
    2014年03月02日
    43人がナイス!しています
  • 外資系企業で働くとはどういうことなのかを学ぶことができます。どんなことを思いながら仕事をしているのかを著者の具体例を読みながら知ることができます。 外資系企業で働くとはどういうことなのかを学ぶことができます。どんなことを思いながら仕事をしているのかを著者の具体例を読みながら知ることができます。
    miyatatsu
    2018年04月24日
    5人がナイス!しています
  • たしかこれは母校のOB会で手渡されたものだったろうか。積読から発見。外資に行きたくなるのかなぁなんて思いながらよんだけれどそんなこともなく。まぁよく大学の講演会とかで聴くような展開ですね。「外資」って たしかこれは母校のOB会で手渡されたものだったろうか。積読から発見。外資に行きたくなるのかなぁなんて思いながらよんだけれどそんなこともなく。まぁよく大学の講演会とかで聴くような展開ですね。「外資」って言葉だけしか知らなかったのが少しは具体的にはなったかな。まぁでも最大の感想は「ここまでしっかり自分の人生に納得して肯定して本も書けたら楽しいだろうなぁ」ってとこですかね。 …続きを読む
    ポポロ
    2017年11月20日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品