井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年08月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784046532848

井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年08月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784046532848

日本史を「戦乱」で読み直す、大好評のシリーズ第2弾!

動乱や国防という観点から日本史を遡ると、その始点は幕末へと行き着く。幕府草創から黒船来航まで、日本独自の思想や常識は国内外の脅威にどう作用したのか。歴史の「つながり」で幕末史に斬り込むシリーズ第2弾!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「井沢元彦の激闘の日本史 幕末動乱と危機管理」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「粗法」という言葉もあった。「先祖が定めた法」という意味だが、単純にそれだけではなく「変えてはならない」という意味も含む。これは儒教から来た考え方で、子孫が祖法を変えることは先祖が過ちを犯したと認める 「粗法」という言葉もあった。「先祖が定めた法」という意味だが、単純にそれだけではなく「変えてはならない」という意味も含む。これは儒教から来た考え方で、子孫が祖法を変えることは先祖が過ちを犯したと認めることになる、という考え方(31頁)昭和二十年戦争に負けた時、多くの日本人は薩英戦争で負けた薩摩人のように、ようやく目覚めた。「なぜ負けるとわかっていた戦いをやったのだろうか」ということ。戦前の日本人は愚かだったのだと多くの人が考えている。では現代の日本人は愚かではないのか。今北朝鮮からミサイルが打ち込まれ↓ …続きを読む
    胃之中野 蛙(いのなかのかわず)
    2020年04月22日
    8人がナイス!しています
  • 流石に幕末ともなると井沢節が段々過激に感じられてくる(苦笑)それだけ現代日本に通じる要素が増えてくるからだろうなあ。その一方でこの本はかなり時期を行ったり来たりするので(本文でもフォローしているが)時 流石に幕末ともなると井沢節が段々過激に感じられてくる(苦笑)それだけ現代日本に通じる要素が増えてくるからだろうなあ。その一方でこの本はかなり時期を行ったり来たりするので(本文でもフォローしているが)時代軸がはっきりしていない方は要注意。まあ、縦横無尽に語りまくる井沢節に身を任せるのも一興ではある(笑)江戸幕府の外交ヘタがこの本読むと本当に怒りさえ覚えてくるのだが、北朝鮮の話し交えてくると若干引いてしまうのも、井沢本ならではだ(爆) …続きを読む
    舞人(maito)
    2013年11月04日
    8人がナイス!しています
  • いつもの井沢日本史を「危機管理」というテーマで再編したもの。徳川家康という希代の危機管理の天才の失敗。それが「朱子学を武士の基本道徳としたこと」。主君への忠義を説く朱子学の導入で、思想面から下克上が起 いつもの井沢日本史を「危機管理」というテーマで再編したもの。徳川家康という希代の危機管理の天才の失敗。それが「朱子学を武士の基本道徳としたこと」。主君への忠義を説く朱子学の導入で、思想面から下克上が起こらないよう企図した。しかし、その副作用で「将軍〈 天皇」という明治維新に到る思想的な下地となった。また、朱子学は外国から学ぶことを、商売を否定する。それが徳川幕府における近代化の否定と経済的困窮となって、幕府の命脈を尽きさせた。現代においても、朱子学の毒を感じる。それは社会の進歩を失わせるものだ。 …続きを読む
    02235
    2013年12月08日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品