撲撲少年

『僕僕先生』の俊英が放つ、青春“格闘”小説!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041104774

撲撲少年

『僕僕先生』の俊英が放つ、青春“格闘”小説!

  • 著者 仁木 英之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年06月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041104774

『僕僕先生』の俊英が放つ、青春“格闘”小説!

〈世界のTK〉高阪剛氏絶賛!
「本物の総合格闘技がこの小説では見事に描かれている。主人公・勇吾が苦悩しながらも格闘家として成長していく姿もリアルだ。熱い格闘物語がここに誕生した。」(ALLIANCE代表・高阪剛氏)

勇吾は地方から東京に上京してきた平凡な大学生だ。あるとき、バイト先で幼なじみの湊と出会う。ライターとして活躍している湊から同じく幼なじみの鉄也が赤坂にある総合格闘技のジムに通っていることを知らされる。興味を持った勇吾はジム「アライズ」を訪れると、そこには昔と変わらずひ弱そうな鉄也が練習に勤しんでいた。鉄也に誘われ、興味本位でスパーリングをすることになるが、ひ弱な鉄也に惨敗する。悔しさのあまりジムに通い始めた勇吾だが、プロ格闘家たちの姿勢に触れ、次第に競技としての総合格闘技に魅力を感じ始める……。
『僕僕先生』の気鋭が放つ、青春〈格闘〉小説!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「撲撲少年」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 勝手に僕僕少年だと思っていて、僕僕先生の少年期(少女期)のお話か、王弁より前に一緒にいたお弟子さんのお話に違いないと思いこんで手に取ったら、全然関係のない現代のお話でした。この方のお話しで歴史と関係が 勝手に僕僕少年だと思っていて、僕僕先生の少年期(少女期)のお話か、王弁より前に一緒にいたお弟子さんのお話に違いないと思いこんで手に取ったら、全然関係のない現代のお話でした。この方のお話しで歴史と関係がないものは初めて目にしたかもしれません。幼名なじみ三人の関係はとても不可解で、でも幼なじみ故に昔からの呼び名は変えられないし、これ以上離れることも難しいのだろうなあと思いました。私の幼馴染み達もいい年ですが、ちっちゃい頃の呼び方のままで呼びあっています。カレー屋さんやお父さんの山仲間など大人達がなかなか素敵。 …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2014年02月15日
    65人がナイス!しています
  • 「僕僕先生」のシリーズ全巻が手元に揃ったので、第一巻から読んだつもりでした。ずっと何かおかしい? 最後まで分からず、感想を書く前に皆さんの感想を読んでみて、「僕」ではなく「撲」と字が違ってました。とほ 「僕僕先生」のシリーズ全巻が手元に揃ったので、第一巻から読んだつもりでした。ずっと何かおかしい? 最後まで分からず、感想を書く前に皆さんの感想を読んでみて、「僕」ではなく「撲」と字が違ってました。とほほ。 格闘技に興味がなく、湊と鉄也、勇吾の関係性がイマイチ理解できず、消化不良で終わりました。 …続きを読む
    ぶんこ
    2016年10月09日
    43人がナイス!しています
  • 歴史物を舞台とした小説が多い仁木さん。現代の総合格闘技を舞台とした少年・少女達の爽やかでほろ苦い青春を描きます。違う舞台で戦いを描き慣れている仁木さん、選手同士が戦うシーンには引き込まれてしまいました 歴史物を舞台とした小説が多い仁木さん。現代の総合格闘技を舞台とした少年・少女達の爽やかでほろ苦い青春を描きます。違う舞台で戦いを描き慣れている仁木さん、選手同士が戦うシーンには引き込まれてしまいました。筆者の現代を舞台とした小説を読んだ事がなかったので最初は違和感を感じましたが、楽しく読み終えることができました。 …続きを読む
    けい
    2013年07月13日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品