無花果とムーン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103210

無花果とムーン

  • 著者 桜庭 一樹
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年10月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784041103210

『GOSICK』『伏』の著者がおくる、ひと夏の少女物語!

あたし、月夜は18歳。紫の瞳を持った、無花果町のもらわれっ子。大好きなお兄ちゃんに死なれてから、あたしはどうもおかしくて……少女の思いが世界を塗り替える。そのとき町に起こった奇跡とは!?

人物相関図


おすすめコメント

月夜のくらくら揺れるような語りが胸に刺さります。すごく良かった!
―三上延さん/作家『ビブリア古書堂の事件手帖』

生者と死者の関係性を志向=思考し続けてきた桜庭一樹の新しい境地
―榎本正樹さん/文芸評論家

世にも奇妙で愛おしい、少女の祈りの物語。
―石井千湖さん/書評家

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無花果とムーン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 月夜は奈落のことが、えいえんにだいすきだからね。ピーナッツバター味の甘ったるい口づけが、その悲劇の始まりだった。血の繋がらぬ兄と妹が犯すただ一度だけの禁忌。花の咲かない無花果の葉陰。隠すべき秘密は顔か 月夜は奈落のことが、えいえんにだいすきだからね。ピーナッツバター味の甘ったるい口づけが、その悲劇の始まりだった。血の繋がらぬ兄と妹が犯すただ一度だけの禁忌。花の咲かない無花果の葉陰。隠すべき秘密は顔か胸か、それとも下腹か。原罪に揺れ、兄の面影を探して楽園を追放され、そして飛び越えた現幽の境界。無花果の葉が欠片を隠し愛情と秘密が奏でる調べ次第に乱れて織り重なり、奈落と密と月夜のパ・ド・トロワは狂い舞う。文字通り奈落に堕ちた月夜。そこから見上げる出口はきっと、満月の光とよく似ている。貴方を思って泣けばよかった …続きを読む
    ひめありす@灯れ松明の火
    2013年04月29日
    168人がナイス!しています
  • 久しぶりの桜庭さん。兄・奈落の死が受け入れられない義妹の月夜。最初から最後まで月夜が見てる夢を読んでいるようなそんな感覚だった。奈落の葬儀の後は、ずっと、ふわふわした感じ。その後の月夜が気になる。 そ 久しぶりの桜庭さん。兄・奈落の死が受け入れられない義妹の月夜。最初から最後まで月夜が見てる夢を読んでいるようなそんな感覚だった。奈落の葬儀の後は、ずっと、ふわふわした感じ。その後の月夜が気になる。 それにしても、桜庭さんの作品に出てくる登場人物の名前って・・・スゴイ。 …続きを読む
    くりきんとん99
    2012年11月17日
    143人がナイス!しています
  • 綺麗な花をポキリと手折る。そんな感じに物語の核になる部分は単純で、でもその膨らませ方は不思議なくらい歪で、その味付けはドロリと濃く甘い。「桜庭作品を読んでるなぁ」と随所に感じられる作品でありました。紫 綺麗な花をポキリと手折る。そんな感じに物語の核になる部分は単純で、でもその膨らませ方は不思議なくらい歪で、その味付けはドロリと濃く甘い。「桜庭作品を読んでるなぁ」と随所に感じられる作品でありました。紫色の瞳を持つ美少女・月夜には、血のつながらない父と2人の兄がいる。物語の冒頭で既に事は起きている。月夜の1つ年上の兄・奈落。女の子から絶大な人気のあったお兄ちゃんが、19歳でこの世を去っているのだ。誰もが微妙に本当のことを言わないまま進んでいくミステリーのような空気があるため、ひたすら真相が気になりました。 …続きを読む
    エンブレムT
    2014年07月20日
    137人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

桜庭 一樹(さくらば・かずき)

2000年デビュー。04年『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』が、ジャンルを超えて高い評価を受ける。07年『赤朽葉家の伝説』で日本推理作家協会賞、08年『私の男』で直木賞を受賞。『GOSICK-ゴシック-』シリーズは人気を博し、長篇8巻短篇集4巻が刊行、アニメ化された。続刊として『GOSICK RED』『GOSICK BLUE』『GOSICK PINK』も刊行中。他の著書に『道徳という名の少年』『推定少女』『赤×ピンク』『ほんとうの花を見せにきた』『このたびはとんだことで 桜庭一樹奇譚集』『少女七竈と七人の可愛そうな大人』『無花果とムーン』など。

最近チェックした商品