五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2]

五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2] 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年11月25日
商品形態:
電子書籍

五龍国物語 皇帝陛下の閨指南役 桃蜜の褥[2]

  • 著者 白ヶ音 雪
  • イラスト 篁ふみ
発売日:
2016年11月25日
商品形態:
電子書籍

29歳、女を知らぬ女嫌いの美貌の皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。 女を知り、恋をした――。五龍国皇帝・雷零が欲するはただひとり。

29歳、女を知らぬ女嫌いの美貌の皇帝 × 34歳、クールなバツイチ女族長。
女を知り、恋をした――。五龍国皇帝・雷零が欲するはただひとり。

氷咲の導きで無事に筆おろしをすませた雷零。女の体を知り喜ばせるための行為は、氷咲に触れるための行為となり、雷零は氷咲の心のやわらかい部分に寄り添い、想いを確かなものにしてく。
雪に包まれ作物がろくに育たぬ土地にすむ氷麗族のために物資を得る――と割り切り、閨の指南役となった氷咲だったが、この世でいちばん美しく大切なもののように扱い、熱い想いを隠さず欲する雷零に心を溶かされ、いつしか甘く睦みあう関係へと……。
だが、この関係は期間限定。たった一ヵ月のひめごとに終わりを迎える。
氷咲は雷零の前から姿を消し、雷零の手に残るは白い羽のみ。決められていたことと割り切るには想いが深く慟哭する雷零のもとに、炎鮮族の姫・紅彩が輿入れをする日が訪れ――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品