発見・検証 日本の古代I 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784048763905

発見・検証 日本の古代I 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡

  • 編者 古代史シンポジウム「発見・検証 日本の古代」編集委員会
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
352
ISBN:
9784048763905

50時間の徹底討論 「箸墓」は卑弥呼の墓か?

最前線の歴史学者・考古学者が白熱の論議を展開した2015年の記念碑的シンポジウムを完全収録。第I巻は纒向遺跡を中心として邪馬台国や三角縁神獣鏡の謎と実態を徹底解明。新たな古代史学はここから始まる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「発見・検証 日本の古代I 纒向発見と邪馬台国の全貌 卑弥呼と三角縁神獣鏡」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あるシンポジュームを基に構成し纏め上げたもの。キーワードは「三角縁神獣鏡」というトコロかしら?この辺りの歴史が大好きなので其々の話はとても興味深いし、邪馬台国に特化せずにこの時代の「ムラ」から考察され あるシンポジュームを基に構成し纏め上げたもの。キーワードは「三角縁神獣鏡」というトコロかしら?この辺りの歴史が大好きなので其々の話はとても興味深いし、邪馬台国に特化せずにこの時代の「ムラ」から考察されるその内容も面白い。ただシンポジュームという理由からか、専門性という部分についてはそれほど詳細ではない。それでも九州説?それとも畿内説?と其々の考察はやっぱり面白い。 …続きを読む
    レアル
    2019年08月07日
    46人がナイス!しています
  • 2016年初版。板石硯発見の経緯が簡単に書かれています。このころが懐かしい・・・。 2016年初版。板石硯発見の経緯が簡単に書かれています。このころが懐かしい・・・。
    おらひらお
    2019年06月05日
    3人がナイス!しています
  • そんな細かいこと言われてもという素人には難しい部分となるほどそうなのねという部分とが混在。知らない間に随分進んでいるなあという印象。難しいのに結構引き込まれた。 そんな細かいこと言われてもという素人には難しい部分となるほどそうなのねという部分とが混在。知らない間に随分進んでいるなあという印象。難しいのに結構引き込まれた。
    ウォーカージョン
    2017年11月15日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品