<面白さ>の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか

<面白さ>の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2015年08月10日
商品形態:
電子書籍

<面白さ>の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか

  • 著者 都留 泰作
発売日:
2015年08月10日
商品形態:
電子書籍

文化人類学者にしてマンガ家が、大ヒット作品の面白さの論理を洗い出す!!

『ワンピース』『進撃の巨人』『奇生獣』『スターウォーズ』『半沢直樹』、そして宮崎アニメ。現実と異なる「世界」を「人間」より優先して描く大作エンタメはなぜ成立する?なぜ<面白さ>は伝わるのかを徹底解析!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「<面白さ>の研究 世界観エンタメはなぜブームを生むのか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白さ、つまり、エンタメとは何か。「スター・ウォーズ」がなぜあれ程までに人気があるのか、文化人類学者であり漫画家でもある著者による分析がおもしろい。ほかにも「宮崎駿作品」、「精霊の守り人」、「ワンピー 面白さ、つまり、エンタメとは何か。「スター・ウォーズ」がなぜあれ程までに人気があるのか、文化人類学者であり漫画家でもある著者による分析がおもしろい。ほかにも「宮崎駿作品」、「精霊の守り人」、「ワンピース」、「進撃の巨人」、「エヴァンゲリオン」などの作品がヒットした秘密を解き明かす。Jホラーの「呪怨」に出てくる「俊雄」の怖さを「ゴキブリ」に例えたところは妙に納得。あれは、日常の隙間(はざま、境界)に前触れも無く突然に現れる怖さなのだ。 …続きを読む
    かっぱ
    2015年06月29日
    32人がナイス!しています
  • 現代エンターテインメントの「面白さ」について徹底解析した本書。『ワンピース』『進撃の巨人』『奇生獣』『スターウォーズ』『半沢直樹』など、現在のメジャーな漫画・映画・ドラマなどの作品が題材にされているの 現代エンターテインメントの「面白さ」について徹底解析した本書。『ワンピース』『進撃の巨人』『奇生獣』『スターウォーズ』『半沢直樹』など、現在のメジャーな漫画・映画・ドラマなどの作品が題材にされているので、非常に読みやすく、わかりやすく面白さについて学べる。出てくる作品はかなり緻密に細部まで分析されているので、読み応えもあり。 …続きを読む
    ミライ
    2018年08月28日
    26人がナイス!しています
  • 文化人類学は世界観を問題とする学問(28頁)。世界に対する人間の反応(29頁)。人間は錯覚や妄想で世界を体験する(72頁~)。異世界としての日本の田舎を創造することで宮崎駿監督は国民的作家たりえた(1 文化人類学は世界観を問題とする学問(28頁)。世界に対する人間の反応(29頁)。人間は錯覚や妄想で世界を体験する(72頁~)。異世界としての日本の田舎を創造することで宮崎駿監督は国民的作家たりえた(101頁)。家庭教師宅の生徒は勉強よりも「ワンピース」というのがいたのを思い出した。この世界は幾何学的な単純さで構築された空間構造を持っているという(151頁)。内容は知らないが、子どもは興味を持つのであろう。ワンピースが開放的なら、「進撃の巨人」は閉鎖的(160頁)。 …続きを読む
    壱萬弐仟縁冊
    2015年08月17日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品