MF文庫ダ・ヴィンチ

拝み屋郷内 花嫁の家

発売日:
2014年09月25日
商品形態:
電子書籍
拝み屋郷内 花嫁の家 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

その家に嫁いだ花嫁は、必ず死ぬ……

拝み屋を営む著者が、これまで一度も最後まで語ることも記録に残すことも許されなかった、忌まわしき怪異譚をここに開陳。“花嫁が必ず死ぬ”といわれる旧家では、これまで代々の花嫁が数年の内に亡くなっていた。花嫁が死に至るまでの年月に子を成し、からくも次の代へと血を繋げている。この家に嫁いだ女性から相談を受けた著者は、いくども不可解な現象に悩まされる――。戦慄の体験談「花嫁の家」と、「母様の家」の連作2篇を収録した怪談実話集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「拝み屋郷内 花嫁の家」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは本当に実話怪談なのだろうか。はっきり言って怖いです。「母様の家」、「花嫁の家」の連作2編を収録。特に「母様の家」。忌むべき家系図。失われる命。拝み屋さんの範疇を越えていますね。「花嫁の家」に移る これは本当に実話怪談なのだろうか。はっきり言って怖いです。「母様の家」、「花嫁の家」の連作2編を収録。特に「母様の家」。忌むべき家系図。失われる命。拝み屋さんの範疇を越えていますね。「花嫁の家」に移ると、旧家の因習に恐ろしさを感じた。郷内心瞳さんの「怪談始末」と「逆さ稲荷」を読了済みなので、細かな所が前作と繋り驚く。そして何より「母様の家」とも繋がっていて怖さ倍増です。最後に依頼主がもう一度、人形を造ると語る場面では、私も「やめろっ」と胸の中で叫びました。郷内心瞳さんは実話怪談の屈指の語り手だと思う。 …続きを読む
    yoshida
    2016年08月14日
    132人がナイス!しています
  • 登場人物が全部クズ。良い人は死んだ三人だけという、たけし映画のような話。ホラー小説としては成功じゃないだろうか。因縁にまつわる踏み込みは弱いものの、十分怖い。しかし、実話怪談とすると、眉に唾をつけたく 登場人物が全部クズ。良い人は死んだ三人だけという、たけし映画のような話。ホラー小説としては成功じゃないだろうか。因縁にまつわる踏み込みは弱いものの、十分怖い。しかし、実話怪談とすると、眉に唾をつけたくなる。一話目は超能力大戦争のようだし、二話目は如何にもの旧家の因縁もの。こんなことが現実世界に起きていたら、さすがにびっくりするわい。ただ、あの震災で死んだからと言って、祟りかもしれないとされては、亡くなられた二万人の人が浮かばれないだろう。色々言いたいことはあるのだが、フィクションと割り切れば面白かった。 …続きを読む
    ハイランド
    2017年11月28日
    102人がナイス!しています
  • 密林で三倍値、電子書籍ならすぐ読めるという状況下で、どうしても紙で読みたかったんです!期待通りの面白さ!でもね・・・。やっぱり実話怪談としては読めなかったんです。それは構成・文章の巧さが際立っていたか 密林で三倍値、電子書籍ならすぐ読めるという状況下で、どうしても紙で読みたかったんです!期待通りの面白さ!でもね・・・。やっぱり実話怪談としては読めなかったんです。それは構成・文章の巧さが際立っていたから。読み物としてスムーズなのが・・・。いっそ物語として書いて欲しいこの人には。特に前半の母様の家の、破片がモザイクを成すような展開には、おぞましさが加速、怪異にまとわりつく人間たちの狂気が凄まじい。だからこそ主人公(作者)のメロウなスタンスが物語的に見えてしまう。でも大満足、次行きます! …続きを読む
    眠る山猫屋
    2018年07月23日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品