医薬品とノーベル賞 がん治療薬は受賞できるのか?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784047316478

医薬品とノーベル賞 がん治療薬は受賞できるのか?

  • 著者 佐藤 健太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
224
ISBN:
9784047316478

ノーベル賞をとるようながん治療薬はできるのか? 医薬品開発の現実を説

2015年、大村智氏らが受賞したノーベル生理学・医学賞は、実に27年ぶりに医薬品開発に対して贈られたものだった。その間、エイズやC型肝炎などさまざまな病気の治療薬も開発されてきたが、いずれもノーベル賞受賞には至っていない。かつては「かぜ、水虫、がんを治す薬をつくればノーベル賞」ともいわれたが、医薬品開発でノーベル賞をとるのはそれほど単純ではないようなのだ。

では、どのような医薬品を開発すればノーベル賞がとれるのだろうか? がん治療薬をつくればとれるのだろうか? そもそも医薬品開発の難しさとはどこにあるのだろうか?

本書は、こうしたノーベル賞級の医薬品開発に焦点を当てる。過去から現在、そして未来に向けて、人類を救う医薬品開発の現場を見つめていく。

たとえば、すでに一部のがんに対しては、驚くほどの効果を示す治療薬が登場している。抗がん剤においては、人体にダメージを与えずに、病巣にだけダメージを与えることが難しい。しかし、新しいアイデアの登場により、これが可能になってきたのだ。そのアイデアとはいかなるものか? 細胞レベルでの戦いをわかりやすく説いていく。

また、近年一部の医薬品について、薬価高騰が大きな問題になりつつある。これが、ノーベル賞の選考にも微妙に影響を与えている可能性もある。この点についても合わせて考察を加えていく。

医薬品とノーベル賞――。

27年の壁を崩した大村氏らの受賞には、実は単純ならざる意義があった。十数年にわたって医薬品研究の現場に身を置いてきた著者が、医薬の現在とあるべき未来を読み解く。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「医薬品とノーベル賞 がん治療薬は受賞できるのか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 肺がん患者に対する高額新薬オプジーボは、当初使用患者数を470名と想定していたが、蓋を開ければ5万人となり、健保の財源に圧迫をかける一因となる。国民の金銭的負担を軽減するためにも、予防に力を入れること 肺がん患者に対する高額新薬オプジーボは、当初使用患者数を470名と想定していたが、蓋を開ければ5万人となり、健保の財源に圧迫をかける一因となる。国民の金銭的負担を軽減するためにも、予防に力を入れることも必須。いっそ、法律で禁煙にしてもいい。当方もかつて愛煙家であり、禁煙を勧める家内に、ストレス解消もさせないのかと悪態をついたこともあったが、止めてみれば、別段何事もなく日々を送っている。 …続きを読む
    gtn
    2019年08月17日
    12人がナイス!しています
  • 医薬品業界の諸事情がよくわかる。 医薬品業界の諸事情がよくわかる。
    ふろんた
    2016年11月25日
    12人がナイス!しています
  • 2016年9月の本。私的に一番読まない生物系の本。大村智先生のノーベル賞受賞に合わせて出版。「生命活動とは、タンパク質の秩序ある共同作業」というお言葉から、自分がいかに生物への理解がなかったかを痛感。 2016年9月の本。私的に一番読まない生物系の本。大村智先生のノーベル賞受賞に合わせて出版。「生命活動とは、タンパク質の秩序ある共同作業」というお言葉から、自分がいかに生物への理解がなかったかを痛感。細菌とウイルスの違い、がん細胞、医薬とはテーマは続く。後半、本庶佑先生のオプジーボも登場(ノーベル賞前)。最後の「薬価という大問題」は、大問題だという認識はあるのだが、ギブアップ。とにかく登場する薬の数がが半端ではない。 …続きを読む
    ちくわん
    2019年11月03日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品