楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録…苦難と栄光の日々

楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録…苦難と栄光の日々 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2013年10月11日
商品形態:
電子書籍

楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録…苦難と栄光の日々

  • 著者 山村 宏樹
発売日:
2013年10月11日
商品形態:
電子書籍

初優勝を果たした東北楽天ゴールデンイーグルスの波乱の歴史と、今季、怒涛の快進撃に密着!楽天ファンとすべてのプロ野球ファン必読の書。

2013年、ついに球団創設初の優勝を果たした東北楽天ゴールデンイーグルス。9年前、突然持ち上がった球界再編の果てに「50年ぶりの新球団」として誕生して以来、その歴史は波乱に満ちたものだった。首位から51.5ゲーム差の歴史的大敗だった1年目、野村克也監督時代の成長、「震災」と向き合いながら戦った2011年シーズンと嶋基宏の感動のスピーチ、そして2013年、怒涛の連勝記録を達成した田中将大とV戦士たち…。戦力も設備もなにもかも足りなかった球団は、どうしてここまで強くなれたのか。仙台、東北とともに歩んできた歴史を、創設メンバーの選手として2012年まで活躍した山村氏が、チーム関係者・選手の証言とともに振り返える。※電子版では、本文写真が掲載されておりませんのでご了承ください。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「楽天イーグルス 優勝への3251日 ――球団創設、震災、田中の大記録…苦難と栄光の日々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 球団誕生から2012年シーズンを最後に引退した「山村投手」が、2013年のリーグ優勝を機に出版した本書は、まさに楽天の歴史が詰まっておりました。田尾監督の初年度の、チームとしての形もないままスタートし 球団誕生から2012年シーズンを最後に引退した「山村投手」が、2013年のリーグ優勝を機に出版した本書は、まさに楽天の歴史が詰まっておりました。田尾監督の初年度の、チームとしての形もないままスタートした頃。初めてフルスタ宮城(当時)で観戦した「ロッテ」戦は、一回表の攻撃だけで30分以上かかり、裏の楽天の攻撃は3分かからず、ロッテ応援団からの「野球をやれよ」のヤジが飛び交う試合を思い出しました。あれから9年後にリーグ優勝(更には日本一)、夢の実現を見れて本当に幸せでした。あとは高校野球の白河越えが見たい。 …続きを読む
    シブ吉
    2013年11月04日
    68人がナイス!しています
  • 2012年に引退した楽天の創設メンバーだった山村さんの著書。色々な関係者に遠慮があるのか、掘り下げ方は物足りない気もするが、実際に体験してきた故に語ることのできるエピソードが読めるのは楽しかった。震災 2012年に引退した楽天の創設メンバーだった山村さんの著書。色々な関係者に遠慮があるのか、掘り下げ方は物足りない気もするが、実際に体験してきた故に語ることのできるエピソードが読めるのは楽しかった。震災に真摯に向き合った選手達の思いが綴られる第3章は涙なしには読めなかった。この思いがジャイアンツを倒しての日本一になったと改めて感動した。クライマックスシリーズの前に書き上げたようだが、ポストシーズンを楽天が勝ち抜くためには、田中、則本に続く三番目の投手が鍵と指摘しているのは慧眼だった。 …続きを読む
    s-kozy
    2013年12月16日
    32人がナイス!しています
  • 0からのチーム作りは多くの困難があった。でも、経験豊富なベテランと優秀な監督たちによって見事にチームは強くなった。アメリカの野球や、サッカーのファンサービスも取り入れて硬直していた野球界を変えた。 0からのチーム作りは多くの困難があった。でも、経験豊富なベテランと優秀な監督たちによって見事にチームは強くなった。アメリカの野球や、サッカーのファンサービスも取り入れて硬直していた野球界を変えた。
    naoudo
    2015年10月07日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品