ふるい怪談

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2013年12月12日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046313744

ふるい怪談

  • 作 京極 夏彦
  • 絵 染谷 みのる
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2013年12月12日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784046313744

江戸時代に本当にあった、ふしぎな話。

猫が言葉を話したら、あなたはどうする? トイレの中に20年間も入っていた人がいる? 江戸時代に聞き集めたふしぎな体験談を、今風にアレンジ! ちょっと怖くてかなり面白い、新しく書かれた、ふるい怪談!


メディアミックス情報

NEWS

「ふるい怪談」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 根岸鎭衞の『耳嚢』を京極さんが現代風に書き直したもの。『耳嚢』そのものも、京極さんの普段の話もちょっと難しいと感じる小学生には読みやすくなっていていいかも。ほんと、人は昔から不思議な話が好きだったんで 根岸鎭衞の『耳嚢』を京極さんが現代風に書き直したもの。『耳嚢』そのものも、京極さんの普段の話もちょっと難しいと感じる小学生には読みやすくなっていていいかも。ほんと、人は昔から不思議な話が好きだったんですね。 …続きを読む
    絳楸蘭
    2014年08月31日
    23人がナイス!しています
  • 根岸鎭衞の『耳嚢』の中から、怪談っぽい話を著者が現代風に書き直した『旧怪談 耳袋より』文庫版。一部を更に書き直し、漢字に仮名をふり、子供にも読みやすくなっています。が、時代や人物像は古いのに言葉は新し 根岸鎭衞の『耳嚢』の中から、怪談っぽい話を著者が現代風に書き直した『旧怪談 耳袋より』文庫版。一部を更に書き直し、漢字に仮名をふり、子供にも読みやすくなっています。が、時代や人物像は古いのに言葉は新しかったり人物がAさんBさんだったりするので違和感を感じる場面もあるかも。物語は、怖いというより不思議な感じ。元が怪談として書かれているわけではないので、こういう事があったよ、不思議だよね、何だったんだろう、困った事だね。というオチの無い終わり方が多い。それが逆に淡々として良かったりもした。 …続きを読む
    つたもみじ
    2015年02月15日
    19人がナイス!しています
  • 以前にメディアファクトリーから出ていた「旧怪談」の文庫版。で、まさかのつばさ文庫で少し驚きました。旧怪談は既読でしたが、注釈等分りやすくなったとのことで手にしました。いやいや、これは果たして児童書で良 以前にメディアファクトリーから出ていた「旧怪談」の文庫版。で、まさかのつばさ文庫で少し驚きました。旧怪談は既読でしたが、注釈等分りやすくなったとのことで手にしました。いやいや、これは果たして児童書で良いのでしょうか。震える程怖いとか夜眠れない程恐ろしいとかそういう事で無く、この何とも言い難い生ぬるい気持ち悪さといったら。可愛い絵にごまかされるかと思いきや、だんだんと逆にそれすら怖く思えてしまう!オチの無い怪談話、原因不明、正体不明に不明瞭。怖い話の中で一番怖いのは、「解らない」ことなのではないでしょうか。 …続きを読む
    よみにゃん子*ママ&絵本初心者
    2014年01月29日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

京極 夏彦(きょうごく・なつひこ)

1963年、北海道生まれ。小説家、意匠家、全日本妖怪推進委員会肝煎。94年、『姑獲鳥の夏』でデビュー。96年『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、97年『嗤う伊右衛門』で泉鏡花文学賞、2003年『覘き小平次』で山本周五郎賞、04年『後巷説百物語』で直木賞、11年『西巷説百物語』で柴田錬三郎賞を受賞。著書多数。

最近チェックした商品