光源氏ものがたり 下

光源氏ものがたり 下 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2014年01月31日
商品形態:
電子書籍

光源氏ものがたり 下

  • 著者 田辺 聖子
発売日:
2014年01月31日
商品形態:
電子書籍

千年の恋・54帖の魅力を余すところなく伝える決定版

源氏亡きあと、主人公は二人の美しい貴公子、薫と匂宮にひき継がれた。源氏の「息子」であるもの静かな薫。孫にあたる奔放な匂宮。彼らは、恋のアプローチも全く違うのだが、結果的に同じ女性を愛してしまう。二人の愛を受けた美少女浮舟は、悩み続けて宇治川に身を投げようとする――。華麗な王朝絵巻をイキイキと話し言葉で繙く「田辺源氏」の最終巻。「匂兵部卿」「紅梅」「竹河」「宇治十帖」を収録。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「光源氏ものがたり 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 源氏亡き後、宇治十帖の世界が描かれています。薫と匂宮は正反対ながら同じ女性を愛する。だからこそ浮舟はその愛に悩まされるのだと思います。1人の女性を2人の男性が愛するのもまた華麗な王朝絵巻の一部として美 源氏亡き後、宇治十帖の世界が描かれています。薫と匂宮は正反対ながら同じ女性を愛する。だからこそ浮舟はその愛に悩まされるのだと思います。1人の女性を2人の男性が愛するのもまた華麗な王朝絵巻の一部として美しい。解説的な作品でしたが、源氏物語の世界が明るく光を当てられたように思いました。 …続きを読む
    優希
    2018年07月31日
    79人がナイス!しています
  • 大和和紀の「あさきゆめみし」を読んで千年も昔にこんな壮大な物語が日本で作られたなんて!と感動し、母の影響もあって手に取りました。心にすっと入ってくるような優しい日本語で丁寧に語られる源氏物語は、とても 大和和紀の「あさきゆめみし」を読んで千年も昔にこんな壮大な物語が日本で作られたなんて!と感動し、母の影響もあって手に取りました。心にすっと入ってくるような優しい日本語で丁寧に語られる源氏物語は、とても読みやすいし親しみが持てます。ただ物語に沿って説明するだけでなく、ちょっとした平安時代の知識なども仕込んでくださるという優れもの(笑)「現代語訳からいきなり入るのはなぁ…」という方に最適の入門書だと思います。 …続きを読む
    フェリシティ
    2013年02月21日
    10人がナイス!しています
  • とても分かりやすく、楽しんで読めました。『源氏物語』、全部通して読んでみようと思います。 とても分かりやすく、楽しんで読めました。『源氏物語』、全部通して読んでみようと思います。
    kotono
    2014年03月06日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品