怪談実話 黒い百物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840143622

怪談実話 黒い百物語

  • 著者 福澤 徹三
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ISBN:
9784840143622

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談実話 黒い百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 風呂で客が死んだけ潰れた銭湯>いやいや、銭湯で人が死ぬって全然珍しいことじゃないよ。お仏飯>捨てずに食べることで功徳が。墓所工事>土葬墓ば開けると凄まじい悪臭が。特に、まだ骨になっとないのは強烈!犬鳴 風呂で客が死んだけ潰れた銭湯>いやいや、銭湯で人が死ぬって全然珍しいことじゃないよ。お仏飯>捨てずに食べることで功徳が。墓所工事>土葬墓ば開けると凄まじい悪臭が。特に、まだ骨になっとないのは強烈!犬鳴旧tunnel付近の森で木の上に浮く女の上半身。百物語ば一晩で読み倒すと必ず怪異が起こるち。超絶酒好きな福澤先生の百物語ばオレンジ缶酎ハイば片手に一晩で読み終えたが、飲んでも飲んでも中身が減らない。これが怪異か……。財布に優しいな。 …続きを読む
    グレ
    2016年09月03日
    41人がナイス!しています
  • 怪談実話って銘うってるけど、そんなに怖くない。むしろ一ミリも怖くなかった。淡々と読み終わってしまいなんだかなぁ。ただ寝てる最中に足や手を引っ張られるのはマジ勘弁だわ。まぁ、そんな感じでした。 怪談実話って銘うってるけど、そんなに怖くない。むしろ一ミリも怖くなかった。淡々と読み終わってしまいなんだかなぁ。ただ寝てる最中に足や手を引っ張られるのはマジ勘弁だわ。まぁ、そんな感じでした。
    青葉麒麟
    2016年08月04日
    28人がナイス!しています
  • 暑くなると、このての本が欲しくなるんだよねー、毎年だけど?さて福澤先生の実話系百物語はゾクゾクと怖い話がキチンと百話。好きなくせに一気に読む勇気はなく、ページ数もあったので数日かけての読了でした。怪異 暑くなると、このての本が欲しくなるんだよねー、毎年だけど?さて福澤先生の実話系百物語はゾクゾクと怖い話がキチンと百話。好きなくせに一気に読む勇気はなく、ページ数もあったので数日かけての読了でした。怪異なんて起きませんように! …続きを読む
    ヒロくま
    2018年07月23日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品