ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840128209

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ

  • 著者 綾辻 行人
  • 著者 牧野 修
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月19日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ISBN:
9784840128209


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラー映画が得意って訳ではないのだけれど、この本を読んでいると見てみたくなってしまうほど、この2人はホラー映画に対する愛情が凄い!まぁ知ってる映画はヒットした作品とかしかなかったけれどそれでも良いや~ ホラー映画が得意って訳ではないのだけれど、この本を読んでいると見てみたくなってしまうほど、この2人はホラー映画に対する愛情が凄い!まぁ知ってる映画はヒットした作品とかしかなかったけれどそれでも良いや~ネットで調べればいいしね♪みんなもホラーで和むポイント探しませんか? …続きを読む
    asa
    2010年08月09日
    7人がナイス!しています
  • スプラッタ映画を見ない私がこれを読むのが間違いって気もしますが。ただ、ホラーと言っても微妙にSF映画もミステリ映画も混ざっているので、そこは面白く読みました。そして綾辻さんとその部分とても相性がいいと スプラッタ映画を見ない私がこれを読むのが間違いって気もしますが。ただ、ホラーと言っても微妙にSF映画もミステリ映画も混ざっているので、そこは面白く読みました。そして綾辻さんとその部分とても相性がいいと勝手に思ったり。ミスト、アイデンティティー、バンズラビリンス、プレステージ、どれも私も大好きだから。ところで索引は必要かなあ。ちょっと本の作り自体が緩いよね。中身は緩くていいんだけど、作りはしっかりして欲しい希望。 …続きを読む
    とも
    2009年07月29日
    7人がナイス!しています
  • 著者二名によるホラー映画ファンとしての鑑賞生活を綴った往復書簡集。暴力や邪悪な存在に触れることを楽しみ、和むことができるのはそれがフィクションだからこそというコンセプトで、2006年末から2009年春 著者二名によるホラー映画ファンとしての鑑賞生活を綴った往復書簡集。暴力や邪悪な存在に触れることを楽しみ、和むことができるのはそれがフィクションだからこそというコンセプトで、2006年末から2009年春にかけてふたりが鑑賞した新旧作品に関する感想や、ホラー映画にまつわる様々なウンチクを語っていく。時事的な性格が強く、わざわざいま読む意味はあまり感じないが、「一番怖いのは人間」という紋切り型評価に対するはっきりとした違和感の表明があった点はよかった。また、対談終了後直後にこそ意味のある牧野の掌編も良し。 …続きを読む
    Ksid
    2019年09月11日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品