物語消費論改

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年12月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784048867610

物語消費論改

  • 著者 大塚 英志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年12月10日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
352
ISBN:
9784048867610

物語消費はなぜ拡大したか?

「大衆」が「大衆」を「動員」する現象はなぜ起こるのか? 「創作する消費者」の出現を指摘し、90年代以降のマーケティング戦略に多大な影響を与えた『物語消費論』を、Web以降の文脈の中で検証し、清算する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「物語消費論改」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 震災後に著者の『物語消費論』を振り返る2012年の新書。冗談のつもりで80年代に書いた物語消費論だったが、当時なかったWeb技術の発達で、消えゆくはずだった「大きな物語」が復興しているのではないかと著 震災後に著者の『物語消費論』を振り返る2012年の新書。冗談のつもりで80年代に書いた物語消費論だったが、当時なかったWeb技術の発達で、消えゆくはずだった「大きな物語」が復興しているのではないかと著者。それも制御不能な陰謀論に近いものがと。物語消費論のおさらいと、現状を20年ぶりに考察。当時の文もある。内容全部に頷けないのだが、非常に面白く読めた。韓国で受容される、「無国籍」ナショナリズムのアニメ宇宙戦艦ヤマトや、江藤淳のサブカルチャー化について、これは他の本で読んでいたはずだが、ようやく納得。良書。 …続きを読む
    harass
    2018年10月15日
    74人がナイス!しています
  • 1980年代にビックリマンチョコ現象を引きつつ、受け手自らが物語を紡ぎながらそれに呪縛される回路を論じた『物語消費論』を、WebやSNSが当たり前になった時代を背景に再解釈した本、ではない。大きな物語 1980年代にビックリマンチョコ現象を引きつつ、受け手自らが物語を紡ぎながらそれに呪縛される回路を論じた『物語消費論』を、WebやSNSが当たり前になった時代を背景に再解釈した本、ではない。大きな物語が失効しデータベース型消費が前傾化するみたいなことを言いながら、震災後の生き方を論ずる東浩紀あたりの言説を、要するに批判している感じ。依然として生きながらえている「大きな物語」=「仮想の歴史」に逃亡するのではなく、現実の「歴史」という異物を「寓話」に侵入させるジブリ作品に一筋の希望を見出すべし、てことか。 …続きを読む
    onaka
    2014年12月02日
    10人がナイス!しています
  • 大塚さんの「キャラクター小説の作り方」、「物語の体操」等の創作論に耽溺した僕ですが、今の大塚さんが知りたくて購入しました。相変わらずの大塚節は健在でしたが、以前よりも口調がきつくなっていて、それが時代 大塚さんの「キャラクター小説の作り方」、「物語の体操」等の創作論に耽溺した僕ですが、今の大塚さんが知りたくて購入しました。相変わらずの大塚節は健在でしたが、以前よりも口調がきつくなっていて、それが時代を感じさせました。大塚さんの言わんとすることよりも、僕は現代のWEBが当たり前の時代にあって、何が物語消費論によると変わってきたのか、ということに興味があって、今こそ、この大塚さんの論がクローズアップされてきたと思いました。本は違いますが、「進撃の巨人」論は面白かったです。 …続きを読む
    Takayuki Oohashi
    2015年03月03日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品