龍盤七朝 ケルベロス 壱

龍盤七朝 ケルベロス 壱 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2011年08月31日
商品形態:
電子書籍

龍盤七朝 ケルベロス 壱

  • 著者 古橋 秀之
発売日:
2011年08月31日
商品形態:
電子書籍

これは、一匹の怪物の物語――

三首四眼五臂六脚、戦場に現れ一軍をも滅ぼすという――これは未だ生まれぬ“怪物を殺す怪物”の物語。不死にして無敵の怪物、覇王ラガンに七国が蹂躙されていた時代、ひとつの街に、三人の半端者が流れ着いた。口八丁のヒョウ使い。突くべき鐘を持たない鐘突き男。亡国の皇姫を名乗る小便餓鬼。奇妙な三人が出会う時――もう一匹の怪物が、凄まじい産声を上げる……!! 奇才・古橋秀之が放つ、乾坤一擲、渾身の中華ファンタジー!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「龍盤七朝 ケルベロス 壱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • けして正しいわけじゃない。その選択は逃避だし、諦めてしまっていることに気づいているはずだ。そんな後ろ向きな姿勢が、しかし魅力的に見えるのは、それが人間だからだろう。動乱の時代の、ぽっかりと空いた穴のよ けして正しいわけじゃない。その選択は逃避だし、諦めてしまっていることに気づいているはずだ。そんな後ろ向きな姿勢が、しかし魅力的に見えるのは、それが人間だからだろう。動乱の時代の、ぽっかりと空いた穴のような町に於いて繰り広げられる、生れ落ちる獣の物語。なんと人情味に溢れているのだろうか。 …続きを読む
    秋山真琴
    2010年02月11日
    7人がナイス!しています
  • この本は恐ろしい本です。滅茶苦茶面白いのに、続きが来るのかどうかすらわからないなんて罪深いです。この作品における魅力はまずスーパークンフーバトルにあるといえます。色々な本を読んできましたが、ここまでク この本は恐ろしい本です。滅茶苦茶面白いのに、続きが来るのかどうかすらわからないなんて罪深いです。この作品における魅力はまずスーパークンフーバトルにあるといえます。色々な本を読んできましたが、ここまでクンフー万歳な、血沸き肉踊るバトル描写はそうありません。もう一つ挙げるとするなれば強大なラスボスです。こいつは北斗の拳のラオウに、天変地異を足したみたいな化物です。こいつを狙うは、ケルベロスの三つの頭たる主役メンバーたち。どいつもこいつもボンクラであるがゆえに思わず感情移入してしまいます。手を出すと危険な本なの …続きを読む
    貴人
    2014年10月04日
    6人がナイス!しています
  • 圧倒的な力を持って次々と国を支配していく覇王・螺嵓という男がいた。一方、とある街で三人の半端者が運命の邂逅を果たす。口の上手い鏢使い、鐘のない場所で鐘を突く男、亡国の皇姫を自称する少女。この三人が螺嵓 圧倒的な力を持って次々と国を支配していく覇王・螺嵓という男がいた。一方、とある街で三人の半端者が運命の邂逅を果たす。口の上手い鏢使い、鐘のない場所で鐘を突く男、亡国の皇姫を自称する少女。この三人が螺嵓と対峙した時、大きな嵐が巻き起こる! …続きを読む
    緋莢
    2010年08月18日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品