継続的デリバリー 信頼できるソフトウエアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2012年03月15日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
544
ISBN:
9784048707879

継続的デリバリー 信頼できるソフトウエアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化

  • 著者 Jez Humble
  • 著者 David Farley
  • 訳者 和智 右桂
  • 訳者 高木 正弘
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2012年03月15日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
544
ISBN:
9784048707879

現代では継続的にソフトウェアをリリースすることが必須になっています。本書は、継続的なソフトウェアのデリバリーを実現するためのビルド、デプロイ、テスト、リリースの自動化についての本格的な解説書です。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「継続的デリバリー 信頼できるソフトウエアリリースのためのビルド・テスト・デプロイメントの自動化」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やっと読み終わった。ボリューム多すぎ!でも、学べることは山ほどある。「いつまで手動でデプロイしているんですか?」これはいい言葉だ。 やっと読み終わった。ボリューム多すぎ!でも、学べることは山ほどある。「いつまで手動でデプロイしているんですか?」これはいい言葉だ。
    hideoku
    2012年04月15日
    2人がナイス!しています
  • まずは通読。先日の「継続的インテグレーション入門」を「\インテグレート\ボタンノススメ」とすれば、本書はそのコンセプトを一歩進めた「\リリース\ボタンノススメ」といえる。インフラのセットアップからテス まずは通読。先日の「継続的インテグレーション入門」を「\インテグレート\ボタンノススメ」とすれば、本書はそのコンセプトを一歩進めた「\リリース\ボタンノススメ」といえる。インフラのセットアップからテスト、本番リリースに至るまで、デプロイメントの各ステップを可能な限り自動化、定型化し、リリースをこまめに行うことが、リリース作業のリスクを軽減し、価値あるソフトウェアの提供につながると筆者は説く。カバー範囲が広い分、個々の実装にはあまり触れられていないため、全体にハードルは高いが、実務にも取り入れてゆきたい。 …続きを読む
    ywatai
    2012年04月03日
    1人がナイス!しています
  • 考えていたよりも幅広い問題に対しての対応ややり方が紹介されていて読みごたえがあった。 自分がかかわっているシステムはデリバリーに関しては最底のランクのレベルにとどまっている。 手でちまちまやるのはいや 考えていたよりも幅広い問題に対しての対応ややり方が紹介されていて読みごたえがあった。 自分がかかわっているシステムはデリバリーに関しては最底のランクのレベルにとどまっている。 手でちまちまやるのはいやなので自動化するのをうったえているのは気分がいい。 しかし自動化という表現は何でもできそうな誤解を与えがちなので、 日本語ではスクリプトに落すとか別の表現にした方がいいと思う。 ブランチ切らないでインクリメントに開発するというプラクティスが導入するのに 精神的にも技術的にも苦労しそうだ。 …続きを読む
    Kazuyuki Koishikawa
    2012年03月21日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品