ばんば憑き

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2011年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784048741750

ばんば憑き

  • 著者 宮部 みゆき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2011年02月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
376
ISBN:
9784048741750

人の心に巣くう「あやかし」たち。江戸の怪奇短編集!

湯治旅を終えた若夫婦が、帰途、雨で足止めとなり老女との相部屋を引き受けた。老女が語り出す50年前の忌まわしい出来事とは。「〈ばんば〉とは恨みの念を抱いた亡者のこと…」。ぞくりと怖く、心騒がす全6話。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ばんば憑き」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 宮部さんいい作品を選び抜いたなぁ。「坊主の壺」少し怖い。「討債鬼」あんじゅうの利一郎が登場。解決したと思ったら・・すごく怖い。「ばんば憑き」我儘な新妻の話と思いきや人の心の奥底に秘めたはずの思いが迸っ 宮部さんいい作品を選び抜いたなぁ。「坊主の壺」少し怖い。「討債鬼」あんじゅうの利一郎が登場。解決したと思ったら・・すごく怖い。「ばんば憑き」我儘な新妻の話と思いきや人の心の奥底に秘めたはずの思いが迸って・・これまた怖い。「博打眼」うまい!宮部さん真骨頂。狛犬の阿吽さんと犬張り子の活躍が目に浮かぶ。政五郎親分が登場する、子供たちと一緒に影踏みを遊ぶ「お文の影」と、加奈と仲の良い猫又お玉の「野鎚の墓」が特に良かった。どちらも切なくて涙が出そうになる。子供の悲しい幽霊話では宮部さんの右に出る者はいない。6編皆◎ …続きを読む
    ドナルド@灯れ松明の火
    2012年03月19日
    232人がナイス!しています
  • 表題作は反魂の術の一種でしょうか。想像すると一番ぞっとします。この作品のみ荒涼感漂う結末。他5編は他作品とのリンクも楽しくて、後味の良い江戸前テイスト。影を送る左次郎・吉三。しょうたろう導くしの。宮部 表題作は反魂の術の一種でしょうか。想像すると一番ぞっとします。この作品のみ荒涼感漂う結末。他5編は他作品とのリンクも楽しくて、後味の良い江戸前テイスト。影を送る左次郎・吉三。しょうたろう導くしの。宮部さんが重きを置くのは、やはり人の情や機微ですね。登土岐さざれの阿吽さんには、またお会いしたいです。『みやべさ、けもおだへいらなぐって、がんじぃよまっておらんじょ』(宮部さん今回も私はつつがなく楽しく読ませて頂いております) …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2011年06月25日
    232人がナイス!しています
  • しみじみと、本を読むことをゆっくり楽しめる本。不思議な話、楽しい話、涙の話、人情の機微のいろいろ。そして宮部みゆきの子どもたちは本当に可愛らしくってたまらない。元気でけなげでたくましい。どうも最近は「 しみじみと、本を読むことをゆっくり楽しめる本。不思議な話、楽しい話、涙の話、人情の機微のいろいろ。そして宮部みゆきの子どもたちは本当に可愛らしくってたまらない。元気でけなげでたくましい。どうも最近は「ああ、また江戸ものか、どうしようかな」となる傾向が多かったけれど、認識改め。やっぱりいいね、と。お玉より阿吽さんに会ってみたい。でも何言ってるかわかんないか。 …続きを読む
    Aoki
    2012年05月19日
    178人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

いわゆる怪談、を読むのはほとんど初めてでした。それが、こんなにも心揺さぶられるとは!と自分でも驚きました。江戸時代を背景に六つの哀しい怪奇譚が描かれます。最初から最後まで息を詰めるように読み終えた時、私の胸中には去って行く彼ら、彼女らの気配が濃厚に残っていました。(マーさん)

素晴らしいとしか言いようがない。読み出したら止める事が出来ない。一気に息も出来ないぐらいの勢いで読み切ってしまいます。宮部さんの作品はどれもそうですが、その場面が目の前に広がってきます。まるで江戸時代にタイムスリップしたような感覚になってしまいます。(covaner999さん)

またしても宮部ワールドに引き込まれてしまいました。不思議な、ありそうななさそうな話の数々・・・読みながら自分も背筋が寒くなったり、思わず腕をさすったり・・・ちょっと切ない、哀しいそんな短編が詰まってます。人間の性を旨く絡めたストーリーに脱帽です。(mu-nyanさん)

最近チェックした商品