無縁社会からの脱出 ―北へ帰る列車―

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年11月30日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784047882058

無縁社会からの脱出 ―北へ帰る列車―

  • 著者 西村 京太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年11月30日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
192
ISBN:
9784047882058

十津川警部史上、最も哀しき事件が幕を開ける!

多摩川土手の長屋で老人の死体が発見される。老人・阿部は世間から縁の切れた状態だったが、1千万円以上の預金を残していた。やがて、十津川は死体の発見者である女子中学生と阿部との関係に興味を抱き……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無縁社会からの脱出 ―北へ帰る列車―」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 社会派系十津川警部。話の本筋そのものよりも、主軸となっている無縁社会について考えてしまった。これからこういう死に方がますますが増えていくのだろうか。私も無関係ではないな。 社会派系十津川警部。話の本筋そのものよりも、主軸となっている無縁社会について考えてしまった。これからこういう死に方がますますが増えていくのだろうか。私も無関係ではないな。
    pyonko
    2014年06月14日
    1人がナイス!しています
  • 東北もの,高齢者もので,西村京太郎の得意分野のようで,ぶれがない。 無縁社会というものの,弟と妹は郷里にいて,離婚した元配偶者は海外にいる。 家がない暮しをしていてもお金があったことにやや違和感が 東北もの,高齢者もので,西村京太郎の得意分野のようで,ぶれがない。 無縁社会というものの,弟と妹は郷里にいて,離婚した元配偶者は海外にいる。 家がない暮しをしていてもお金があったことにやや違和感がある。 最後の犯人像と,なぜ襲おうとしたかが不思議だ。 未解決の点は多少あるが,高齢社会の一面を切り出していると感じた。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2012年04月16日
    1人がナイス!しています
  • 十津川警部、結婚したばかりの頃の話なんですね・・・ 十津川警部、結婚したばかりの頃の話なんですね・・・
    ペンタ
    2013年12月19日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品