アパシー 学校であった怖い話 1995殺人クラブ リベンジ(1)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
雑誌コード:
4906207
ISBN:
9784048685665

アパシー 学校であった怖い話 1995殺人クラブ リベンジ(1)

  • 作画 両角 潤香
  • 原作 飯島 多紀哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月27日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
194
雑誌コード:
4906207
ISBN:
9784048685665

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「アパシー 学校であった怖い話 1995殺人クラブ リベンジ(1)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 両角さんの絵が好きだから買ったのですが、失敗だったかな……。そもそも原作知らないのに購入するのが問題である。何となく昔より線が雑になってる気もするし……。とりあえず黒髪ぱっつんは正義です。 両角さんの絵が好きだから買ったのですが、失敗だったかな……。そもそも原作知らないのに購入するのが問題である。何となく昔より線が雑になってる気もするし……。とりあえず黒髪ぱっつんは正義です。
    斎木
    2016年06月07日
    1人がナイス!しています
  • 学園版必殺仕事人を想像してみたが、登場人物達のドロドロとした内面や複雑さを中心としている。ホラーゲームが原作だが、その要素はほぼ皆無。 学園版必殺仕事人を想像してみたが、登場人物達のドロドロとした内面や複雑さを中心としている。ホラーゲームが原作だが、その要素はほぼ皆無。
    胡馬香具師茉侑馨
    2011年02月20日
    1人がナイス!しています
  • ★★☆萌えとグロギャップの表紙に惹かれて。イチョウの木に殺したい相手の名を結ぶと実行される殺人クラブという学校の怪談系の話。うーん・・・続き買おうとは思わないかな ★★☆萌えとグロギャップの表紙に惹かれて。イチョウの木に殺したい相手の名を結ぶと実行される殺人クラブという学校の怪談系の話。うーん・・・続き買おうとは思わないかな
    かのえ憂M
    2010年06月10日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品