フリン

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048740616

フリン

  • 著者 椰月 美智子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年05月31日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048740616

結婚後に恋が芽生えたら――

火遊び、裏切り、そして道ならぬ恋――。結婚後の恋はいけないことなの?『しずかな日々』『るり姉』の著者が、現代のさまざまな不倫の情景を描く、新境地の反道徳小説!
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「フリン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「不倫の巣窟、リバーサイドマンション」とまとめてしまっては、にべもないか。でもそんな感じ。あまりドロドロではないが。 「不倫の巣窟、リバーサイドマンション」とまとめてしまっては、にべもないか。でもそんな感じ。あまりドロドロではないが。
    takaC
    2016年04月09日
    85人がナイス!しています
  • この作品は、4・5年前に文庫で読んでいる。この度、洒落た装丁の単行本を入手したら、急遽読みたくなった。「不倫」と漢字で読むと不穏な匂いがしてくるが、「フリン」とカナだと違う雰囲気がしてくるから不思議だ この作品は、4・5年前に文庫で読んでいる。この度、洒落た装丁の単行本を入手したら、急遽読みたくなった。「不倫」と漢字で読むと不穏な匂いがしてくるが、「フリン」とカナだと違う雰囲気がしてくるから不思議だ。6話の連作で描かれた物語は、ホッコリ温かさを感じる、明るく、爽やかなオンナとオトコの〈火遊び〉の物語です。椰月さんの描いた「フリン」は、濡れ場のないラブ・コメディで面白いです。 …続きを読む
    じいじ
    2020年12月23日
    84人がナイス!しています
  • さして大きくない普通河川の側に建つ「リバーサイドマンション」に住む、不倫を含む様々な日々の営みを描いた六つの短編集。初読みの著者で、どこへ連れて行かれるのか毎回着地点の分からない読書は、思いの外楽しく さして大きくない普通河川の側に建つ「リバーサイドマンション」に住む、不倫を含む様々な日々の営みを描いた六つの短編集。初読みの著者で、どこへ連れて行かれるのか毎回着地点の分からない読書は、思いの外楽しくあっという間に終わってしまった。タイトルから想起される湿度・粘度はなく、レールの見えないジェットコースターに乗った気分。ざらりとした感触が残る、女子高生の独白の第一話。ヒヤリで終わるかと思いきやばっさりヤラれた第二話。道ならぬ恋を思わず応援したくなる第三話。ヒロインの心弾みにワクワクと嫉妬を感じる第四話→ …続きを読む
    まーちゃん
    2016年06月02日
    78人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品