小説一途 ふたりの「源氏物語」

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046214133

小説一途 ふたりの「源氏物語」

  • 著者 瀬戸内 寂聴
  • 著者 田辺 聖子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年03月23日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
192
ISBN:
9784046214133

『源氏物語』に寄せる想い、書くことを選んだ人生を語りつくす!

作家人生において古典文学作品に親しんできた二人が『源氏物語』に寄せる想いを語りつくした1冊。古典文学から現代の女性に通じる普遍的な愛情のありかた、そして、小説を書くことを選んだ自身の人生を振り返る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説一途 ふたりの「源氏物語」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 源氏物語を中心に2人の想いが詰まったエッセイと対談。 「与謝野訳はいいかげん、谷崎訳は眠くなる」をはじめとして、円地さんの性格とか女性作家さんたちの人間関係とか結構辛辣な物言いですが、このお二人なら何 源氏物語を中心に2人の想いが詰まったエッセイと対談。 「与謝野訳はいいかげん、谷崎訳は眠くなる」をはじめとして、円地さんの性格とか女性作家さんたちの人間関係とか結構辛辣な物言いですが、このお二人なら何言っても大丈夫なのだろうなあ〜 時代とともに言葉も変わる、時代に沿った新しい源氏物語の誕生に期待します、特に角田さんの源氏物語が楽しみでしょうがない。 宝塚と源氏物語の相関性に対しては同意できず。 …続きを読む
    14番目の月
    2017年08月29日
    38人がナイス!しています
  • 瀬戸内寂聴と田辺聖子。源氏物語についての思いを対談とそれぞれのエッセイで綴る。私自身、何度も挫折した源氏物語、未だ未完読。分からなくて当たり前なんだと安心した。だいぶ物語のあらましも理解出来た。お二人 瀬戸内寂聴と田辺聖子。源氏物語についての思いを対談とそれぞれのエッセイで綴る。私自身、何度も挫折した源氏物語、未だ未完読。分からなくて当たり前なんだと安心した。だいぶ物語のあらましも理解出来た。お二人の源氏物語への思いは相当深い、翻訳出してるから当たり前だけど。後半は恋愛観とか女性の生き方などのフリー対談とエッセイの二部構成。ベストセラー作家は何をやっても面白い。 …続きを読む
    detu
    2020年11月04日
    28人がナイス!しています
  • 田辺聖子と瀬戸内寂聴の対談エッセイを収録。現代の才媛お二人の、源氏物語について、書く事についてのいろいろ。前半は2008年千年紀だった源氏物語について。二人とも源氏物語のエキスパートだから源氏を知らな 田辺聖子と瀬戸内寂聴の対談エッセイを収録。現代の才媛お二人の、源氏物語について、書く事についてのいろいろ。前半は2008年千年紀だった源氏物語について。二人とも源氏物語のエキスパートだから源氏を知らなくてもとても面白い。というか源氏物語を読みたくなります。いろんな裏話も出てくる。紫式部は性格悪かったとか、谷崎訳は読む気力を失わせるとか、与謝野訳は紫の上=紫夫人とか、円地文子が田辺新源氏に嫉妬してたとか。源氏物語が読みたくなる。後半は書くことについて。物知りでユーモアのある二人のお話はとにかく面白かった。 …続きを読む
    ぼんくら
    2011年06月20日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品