南の子供が夜いくところ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年02月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048740326

南の子供が夜いくところ

  • 著者 恒川 光太郎
  • デザイン 角川書店装丁室 鈴木久美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年02月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048740326

呪術的な南洋諸島の時空間を自由自在に語る、恒川版マジックリアリズム!

島に一本しかない紫焔樹。森の奥の聖域に入ることを許されたユナは、かつて〈果樹の巫女〉と呼ばれた少女だった……。呪術的な南洋の島の世界を、自由な語りで高らかに飛翔する、新たな神話的物語の誕生!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「南の子供が夜いくところ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 沖に流されているのか陸に引き寄せられているのか・・・現在地すらもわからないまま南洋の波間をたゆたっている、そんな不思議な感じのする連作短編集でした。恒川作品の特色の一つである『閉じ込められていくような 沖に流されているのか陸に引き寄せられているのか・・・現在地すらもわからないまま南洋の波間をたゆたっている、そんな不思議な感じのする連作短編集でした。恒川作品の特色の一つである『閉じ込められていくような閉塞感や湿度の高さ』は薄めです。南の島特有のカラリとした空気、語り部の一人・少年タカシの子供らしい柔軟さ、もう一人の語り部・呪術師ユナの独特な存在感が、どこか遠い国の伝承を読んでいるような雰囲気を醸しだしていました。極彩色のホラーファンタジーなんて、はじめて・・・。今作も、深いタメ息と共に本を閉じました。 …続きを読む
    エンブレムT
    2011年07月13日
    143人がナイス!しています
  • 恒川ワールドが和の異世界から洋の異世界へ。お箸の国の日本人が、一般的に思い描く海外の南の島は、有りそうでいて無い異世界トロンバス島。色彩鮮やかに実る果実は甘味・苦み・酸味と味もさまざま。口にすれば幻覚 恒川ワールドが和の異世界から洋の異世界へ。お箸の国の日本人が、一般的に思い描く海外の南の島は、有りそうでいて無い異世界トロンバス島。色彩鮮やかに実る果実は甘味・苦み・酸味と味もさまざま。口にすれば幻覚招き、時空さえ飛び越えかねない果実も。《注意して召し上がれ》の短編7編。日本の少年タカシと呪術師ユナ中心に織り成す不思議な異世界。これまで読んだ恒川さんに比べ、悪意や苦みの強い異世界ホラーの感じ受けました。『まどろみのティユルさん』『紫焔樹の島』と、苦みの強い『蛸漁師』『夜の果樹園』がお気に入りです。 …続きを読む
    文庫フリーク@灯れ松明の火(微速前進中)
    2011年08月10日
    141人がナイス!しています
  • うーむ、こりゃあ傑作だね~。今まで私が読んだ恒川作品に比べて時間の奥行きが大きくとられていて、更に幻界の深さが増しています。 年齢100歳を遥かに超えのうら若き呪術師ユナが物語の軸になって、南の島々の うーむ、こりゃあ傑作だね~。今まで私が読んだ恒川作品に比べて時間の奥行きが大きくとられていて、更に幻界の深さが増しています。 年齢100歳を遥かに超えのうら若き呪術師ユナが物語の軸になって、南の島々の不思議なファンタジーが綴られる。 最終話の『夜の果樹園』はまさに荒唐無稽。バカバカしいと本を投げる人もいるだろうと思われるほどの。夢なのか幻なのか、それとも現実なのか。とにかく父は会いにくる。ユナに導かれて。 …続きを読む
    sk4
    2012年11月18日
    136人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品