知っておきたい日本の文学 太宰治 「人間失格」「ヴィヨンの妻」「斜陽」ほか

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784044064167

知っておきたい日本の文学 太宰治 「人間失格」「ヴィヨンの妻」「斜陽」ほか

  • 編者 角川学芸出版
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784044064167

太宰治の作品と人間の魅力を1冊で味わう、ダイジェスト版文学案内!

太宰治の名作をダイジェストと解説で手軽に読む! 彼の人生をエピソードで紹介するコラムや文学散歩も豊富に収録し、人物と作品の魅力を浮かびあがらせる。「人間失格」「ヴィヨンの妻」ほか代表作七編を収載。


メディアミックス情報

NEWS

「知っておきたい日本の文学 太宰治 「人間失格」「ヴィヨンの妻」「斜陽」ほか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「斜陽」、「人間失格」、「津軽」、「ヴィヨンの妻」などを端折って読める感じ。その他いくつかのエピソードもあった。 「斜陽」、「人間失格」、「津軽」、「ヴィヨンの妻」などを端折って読める感じ。その他いくつかのエピソードもあった。
    JUN
    2018年04月10日
    9人がナイス!しています
  • 太宰治ってメンタルが強いのか弱いのかよく分からんな。生家へのコンプレックスと「死」への強い執着がああいう不安定なメンタルを生み出したんかな? 太宰治ってメンタルが強いのか弱いのかよく分からんな。生家へのコンプレックスと「死」への強い執着がああいう不安定なメンタルを生み出したんかな?
    栗山いなり
    2018年07月21日
    1人がナイス!しています
  • 手っ取り早く太宰に触れるにはいいかも。小説だけでなく、彼の生涯も挿入されてるのでわかりやすい。しかし、時たま太宰崇拝が出るので、そこがなぁ…。でも、入門書にしては良かった。 手っ取り早く太宰に触れるにはいいかも。小説だけでなく、彼の生涯も挿入されてるのでわかりやすい。しかし、時たま太宰崇拝が出るので、そこがなぁ…。でも、入門書にしては良かった。
    2010年02月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品