存在という名のダンス 上

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048740272

存在という名のダンス 上

  • 著者 大崎 善生
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年01月29日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048740272

人間存在の根源を問う、著者渾身の壮大なるファンタジー!

厳しいルールと鉄条網で世間から隔離された施設で暮らしていた少年は、父危篤の情報を得て脱走、拮抗する悪の組織と対決することに――。人間存在の根源を問う、著者渾身の壮大なるロードノベルファンタジー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「存在という名のダンス 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 冒頭少年の脱走から始まり、創設者の話が始まり、掴み所のない話が続く。何故、脱走という形を取らなければならないのか、施設の中にうごめく物が見えてきたあたりから、面白くなってきた。さて、どんな形で終わりを 冒頭少年の脱走から始まり、創設者の話が始まり、掴み所のない話が続く。何故、脱走という形を取らなければならないのか、施設の中にうごめく物が見えてきたあたりから、面白くなってきた。さて、どんな形で終わりを迎えるのか。下巻へ。 …続きを読む
    Mayu
    2018年04月30日
    8人がナイス!しています
  • 小学6年の相川宗太は、危篤の父親に会うために「梟の森」という施設を脱走し徒歩で会いに行く、そして憎しみ、狂気の塊のような、わけのわからん化け物と戦うようになるお話。旅をするところでワクワクしながら読ん 小学6年の相川宗太は、危篤の父親に会うために「梟の森」という施設を脱走し徒歩で会いに行く、そして憎しみ、狂気の塊のような、わけのわからん化け物と戦うようになるお話。旅をするところでワクワクしながら読んでたんだけれど、だんだん話がすごいことになっちゃって、ファンタジー的というか、戦いもののゲームのようなお話で、すっごい強いボスでも必ずまけちゃう、正義は勝つみたいな感じで残念>< …続きを読む
    chii
    2010年11月01日
    6人がナイス!しています
  • なんだか村上春樹テイストな感じ。 函館に親戚がおり、かつて洞爺湖まで木刀を買い求めに行ったことがある自分としては、彼の足跡や風景が懐かしく感じました。 お話自身はけっして「楽しい」だなんて内容ではない なんだか村上春樹テイストな感じ。 函館に親戚がおり、かつて洞爺湖まで木刀を買い求めに行ったことがある自分としては、彼の足跡や風景が懐かしく感じました。 お話自身はけっして「楽しい」だなんて内容ではないのだけれども。 無事にお父さんに会えたらいいな、と思いつつ読み進めています。 3年ばかり行ってませんが、北海道にまた遊びに行きたくなりました。 自分が飼ってたインコはしゃべらなかったかわりに表情豊かなのを思い出しました。自分が見てないときにはしゃべったりしてたのかなぁ・・・ …続きを読む
    のぶひこ
    2011年10月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品