テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年02月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784047101784

テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力

  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年02月09日
判型:
B6変形判
商品形態:
新書
ページ数:
240
ISBN:
9784047101784

新帝国主義、到来。戦争と恐慌の世界に浸透するテロとファシズムを読み解く

新自由主義イデオロギーが駆動するグローバル資本主義のもと、帝国主義化するアメリカ、ロシアなど大国の動向を探り、資本主義敗者の不安と閉塞感が排外主義とファシズムに吸収される現下世界情勢の危機を警告する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「テロリズムの罠 右巻 忍び寄るファシズムの魅力」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館本。左巻に続きこの右巻も読みにくかった。やはり引用が多く、また客体、体系知、兌換、受肉、弁証法、担保、アトム、レジームなど難解な言葉と表現が随所に見られる。テロが増大すれば国家権力が肥大し、また 図書館本。左巻に続きこの右巻も読みにくかった。やはり引用が多く、また客体、体系知、兌換、受肉、弁証法、担保、アトム、レジームなど難解な言葉と表現が随所に見られる。テロが増大すれば国家権力が肥大し、また新資本主義が崩壊するとファシズムが擡頭するということなのだが、それをややこしく書く必要はない。「左巻」「右巻」というのからしてわかりにくい。右大臣より左大臣のほうが偉いから左巻のほうが先かと思ったら、どっちから読んでもいいらしい。だから上・下巻とか1・2巻にしなかったのだろうが、左右巻なんて聞いたことないぞ。 …続きを読む
    AICHAN
    2016年07月21日
    24人がナイス!しています
  • 《購入本》左巻に続き読了。ファシズムは、第二次世界対戦の終結とともに過去の遺物となっていたように考えていたが、それが大きな誤りであることがわかった。左巻で説かれた新自由主義の対辺としてファシズムの甘い 《購入本》左巻に続き読了。ファシズムは、第二次世界対戦の終結とともに過去の遺物となっていたように考えていたが、それが大きな誤りであることがわかった。左巻で説かれた新自由主義の対辺としてファシズムの甘い罠は足元に転がっているのかもしれないのだ。新自由主義にもファシズムにも落ち込まずにどのような選択を我々はすべきか。そしてその二つの罠は、声高に自らの正体を名乗らないだけに相当の用心が必要だ。佐藤優の著作は私たちに足元に隠れている罠を巧みに暴き晒してくれる。 …続きを読む
    SOHSA
    2015年12月19日
    24人がナイス!しています
  • 四年前の本だが、今年の本かと思う位に状況は変わっていない。 四年前の本だが、今年の本かと思う位に状況は変わっていない。
    もぺと
    2013年06月27日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品