角川新書

差別と日本人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
216
ISBN:
9784047101937

角川新書

差別と日本人

  • 著者 野中 広務
  • 著者 辛 淑玉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
216
ISBN:
9784047101937

まだ差別の歴史は終わっていない

日本の中に蔓延る「差別」。日本人はいつから「差別」と関わり続けているのか?日本のタブーに論客2人が論じる日本の行方と日本人論の決定版。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「差別と日本人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 在日と部落出身という被差別者同士の対談。差別の痛みは差別された者しか分からないのだろうなと改めて実感。悲しいがこの社会から差別を無くすという事は、ほぼ不可能に近いのではないだろうか?出自の事以外は何も 在日と部落出身という被差別者同士の対談。差別の痛みは差別された者しか分からないのだろうなと改めて実感。悲しいがこの社会から差別を無くすという事は、ほぼ不可能に近いのではないだろうか?出自の事以外は何も知らなかった、”野中さん”という政治家には興味を持った。彼に関する他の本も読んでみたい。あと以前から嫌いだった麻生大臣は、この著書を読んで益々大嫌いになった。こんな人を政治家にしてはいけない! …続きを読む
    GAKU
    2018年07月23日
    70人がナイス!しています
  • 差別の根底にあるもの。「人間の弱さ」といつも感じる。痛みを知っているからこそ、できることがある。野中氏の実行力に、氏の信念の強さを感じる。得たもの、失ったもの。野中氏の豪腕ぶりが印象強いが、本著で家族 差別の根底にあるもの。「人間の弱さ」といつも感じる。痛みを知っているからこそ、できることがある。野中氏の実行力に、氏の信念の強さを感じる。得たもの、失ったもの。野中氏の豪腕ぶりが印象強いが、本著で家族を振り返るところに、氏の人間味を見る。印象に残るのが”平等”。機会の平等と、結果の平等。氏は後者で私は前者。ただし読後は、”前提”が異なる気がした。(構成上仕方が無いのかもしれないが)もう少しお2人の対談部分に、紙面を割いて欲しかったかな・・・。 …続きを読む
    thayami
    2013年03月29日
    47人がナイス!しています
  • すごく腹を割った話しが多くて最後は互いの家庭が出てきて驚いた。 すごく腹を割った話しが多くて最後は互いの家庭が出てきて驚いた。
    mitei
    2010年11月01日
    46人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品