再生

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年04月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048739436

再生

  • 著者 石田 衣良
  • 装丁 緒方 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年04月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048739436

平凡な日常に舞い降りた小さな奇蹟。感動の傑作誕生!

妻を喪い息子を一人で育てる父親。突然彼から別れを切り出されたキャリアウーマン。日々の仕事にうんざりする契約社員……。平凡な日常に舞い降りた小さな奇蹟。名作『約束』に連なる感動の短編集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「再生」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 以前読んだ「約束」とテイストが似ている。何らかの失意の中から立ち上がって前を向いて歩いて行こうとする人の話。12編の短編集。どの話も身近にありがちな話で誰でもそんな立場になってもおかしくない辛い話。で 以前読んだ「約束」とテイストが似ている。何らかの失意の中から立ち上がって前を向いて歩いて行こうとする人の話。12編の短編集。どの話も身近にありがちな話で誰でもそんな立場になってもおかしくない辛い話。でも、読後感はよい。中でも「火を熾す」が一番好き。 …続きを読む
    パフちゃん@かのん変更
    2014年02月14日
    83人がナイス!しています
  • テーマはタイトルそのままに“再生”。様々な立場の人の色々な蟠りからの再生エピソードが手短に綴られていた。巷の人の実体験が元ネタらしいが仕立て直しに小説家の妙を感じ取れず残念。あと一掘り掘り下げてくれた テーマはタイトルそのままに“再生”。様々な立場の人の色々な蟠りからの再生エピソードが手短に綴られていた。巷の人の実体験が元ネタらしいが仕立て直しに小説家の妙を感じ取れず残念。あと一掘り掘り下げてくれたらずっと良くなると思う。自分は庄一さんとはあまり相性が良くないかな。 …続きを読む
    takaC
    2012年11月07日
    65人がナイス!しています
  • 11編、どれもタイトルにふさわしい。人がつまずきの中から立ち上がって歩き出すお話の中には、特別な人は誰もいなくて、自分や身の回りの身近な人を思い浮かべられるような人が主人公。皆それぞれの人生を生きてい 11編、どれもタイトルにふさわしい。人がつまずきの中から立ち上がって歩き出すお話の中には、特別な人は誰もいなくて、自分や身の回りの身近な人を思い浮かべられるような人が主人公。皆それぞれの人生を生きている中で、思いがけなく苦しみや悲しみの渦中にのまれることがある。こんなの嫌だ、どうしよう、どうして自分が、もう最悪だ…ってなった時、皆がどんな形で立ち直っていくのか。自分自身を、状況を、悲しみさえも受け入れて、それでも前を向いて行こうとする主人公たちに自分を投影しつつ、希望が見えるのが素敵。 …続きを読む
    ころりんぱ
    2014年08月28日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品