ドールズ 月下天使

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
560
ISBN:
9784048738873
ニコカド祭り2020

ドールズ 月下天使

  • 著者 高橋 克彦
  • デザイン 角川書店装丁室 大武尚貴
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
560
ISBN:
9784048738873

小学生の少女・怜の中に棲む江戸の天才人形師・目吉が世間の謎を解き明かす

警察学校で剣道を教える腕前だったという女性・聖夜がドールズのアルバイトに加わった。謎めいた彼女の心に宿る恐ろしき決意とは……。江戸の天才人形師・目吉が現代のあらゆる謎を解き明かす、待望のシリーズ最新刊

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ドールズ 月下天使」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ4作目。久しぶりのセンセーとの再会。面白かった〜。それでも最初の3作には負けますが静夜さんは魅力的でした。 シリーズ4作目。久しぶりのセンセーとの再会。面白かった〜。それでも最初の3作には負けますが静夜さんは魅力的でした。
    roomy
    2015年08月18日
    21人がナイス!しています
  • シリーズ第4弾。使命、神の手、導きの道の3話が収録されており、タイトルから想像できるように宗教色漂う内容。特に「導きの道」は…。うーん、今までの作風の方が好きかな。目吉センセーが江戸時代の人形師という シリーズ第4弾。使命、神の手、導きの道の3話が収録されており、タイトルから想像できるように宗教色漂う内容。特に「導きの道」は…。うーん、今までの作風の方が好きかな。目吉センセーが江戸時代の人形師という設定なんだから、キリストを絡めたり西洋の悪魔を出したりせずに、和のテイストを大事にして欲しかったかなと思う。「導きの道」は正体のわからない“敵”に、人が操られたり幻覚を見せられたりする感じはぞくっとしたが、結末は好きではなかった。まあ、次作で終わりのようなので最後まで読むつもりだけど…。 …続きを読む
    としえ
    2016年07月18日
    11人がナイス!しています
  • 大好きなシリーズをようやく読んだ。いつものメンバーのやり取りも相変わらずで、今回は新キャラ投入で雰囲気の違う3編が描かれている。最初の「使命」はドールズらしい話だと思ったが、次の「神の手」は小学校立て 大好きなシリーズをようやく読んだ。いつものメンバーのやり取りも相変わらずで、今回は新キャラ投入で雰囲気の違う3編が描かれている。最初の「使命」はドールズらしい話だと思ったが、次の「神の手」は小学校立て篭もりのアクション、「導きの道」は………なんていうか宗教?なんだか今後は思いもよらぬ方向に進みそうだ。エクソシストばりの展開には驚いたが、車で山道に迷い、夢か現実か分からなくなる所のくだりは、かなり怖かった。 …続きを読む
    ブースカ
    2009年11月14日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品