死墓島の殺人

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年08月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048738781

死墓島の殺人

  • 著者 大村 友貴美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年08月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784048738781

デビュー作が「21世紀の横溝正史」と絶賛された著者の最新作!

岩手県三陸沖の小島で発生した猟奇殺人事件。岩手県警の藤田警部補は、捜査を進めるうちに、この島が「死墓島」という不気味な名前で呼ばれていることを知る。この名前の陰に秘められた、島の陰の歴史とは――? 

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「死墓島の殺人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 1663-94-35 初読み作家338人目。田舎の島で起きた殺人事件。閉鎖された田舎独特の秘密を暴く展開を期待したら違いました(笑) 1663-94-35 初読み作家338人目。田舎の島で起きた殺人事件。閉鎖された田舎独特の秘密を暴く展開を期待したら違いました(笑)
    Yuna Ioki☆メディアミックス祭参加中。
    2017年06月18日
    38人がナイス!しています
  • 古く因縁の残る島、そこでおきる連続殺人事件、横溝作品のようなにおいを醸し出しつつ、現代における離島の過疎化問題なんかをつけたし、上手い具合に物語を展開していました。事件原因も現代風に仕上げており、悪く 古く因縁の残る島、そこでおきる連続殺人事件、横溝作品のようなにおいを醸し出しつつ、現代における離島の過疎化問題なんかをつけたし、上手い具合に物語を展開していました。事件原因も現代風に仕上げており、悪くはない物語でした。 …続きを読む
    MarsAttacks!
    2010年09月19日
    17人がナイス!しています
  • 大村さん、三作目。 「首挽村~」が良かっただけに、動機や背景があっさりしてましたね。 それなりに楽しめましたけど。 大村さん、三作目。 「首挽村~」が良かっただけに、動機や背景があっさりしてましたね。 それなりに楽しめましたけど。
    林尚樹
    2018年02月14日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品