碧空の果てに

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048739450

碧空の果てに

  • 著者 濱野 京子
  • イラスト 丹地 陽子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年05月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784048739450

自分らしく生きるために! 少女は男となって、故郷を旅だった──!!

17歳のメイリン姫は並外れた大力の持ち主。それを案じ早く結婚させようとする父に反発した彼女は、自由に生きられる場所を求め、男装して国を出奔。シーハン国の若き首長ターリに仕えることになるが!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「碧空の果てに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読破。異世界お伽話──お姫様は王子様と末長く暮らしました、めでたしめでたし──。期待以上に、しっかりとした異世界物ファンタジーでした。主人公の怪力が活かせてないなどの設定の詰めや甘さ、掘り下げの足りな 読破。異世界お伽話──お姫様は王子様と末長く暮らしました、めでたしめでたし──。期待以上に、しっかりとした異世界物ファンタジーでした。主人公の怪力が活かせてないなどの設定の詰めや甘さ、掘り下げの足りない部分は見られましたが、軽い読み物としては良いかと。設定的には、1冊は詰め込みすぎかなー。 …続きを読む
    七色一味
    2013年05月26日
    61人がナイス!しています
  • 無難なエンディングだが、大人の自分にはちょっと物足りないかな。 無難なエンディングだが、大人の自分にはちょっと物足りないかな。
    takaC
    2012年09月01日
    53人がナイス!しています
  • まあまあ面白かったと思います。上橋菜穂子さんの守り人シリーズと比べると、こちらは恋愛がメインになっている分私としては物足りなかったかな。あちらは冒険、戦略、戦術とかがメインだったから好みの問題もあるか まあまあ面白かったと思います。上橋菜穂子さんの守り人シリーズと比べると、こちらは恋愛がメインになっている分私としては物足りなかったかな。あちらは冒険、戦略、戦術とかがメインだったから好みの問題もあるかと思います。 …続きを読む
    BlueBerry
    2013年11月30日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品