サイゴン・タンゴ・カフェ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年02月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048738330

サイゴン・タンゴ・カフェ

  • 著者 中山 可穂
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年02月20日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
328
ISBN:
9784048738330

恋という魔物の向こうに何があるというのでしょう。

タンゴとラテンの情熱を背景に、生き死にと恋の狭間で揺れ動く人びとの模様を描いた、著者の新境地5作品。いずれ劣らぬ珠玉作品集です。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「サイゴン・タンゴ・カフェ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • タンゴの名曲が流れ出るような短編と中編。猫のドレブAとバンドネオンと表題作が好み。表題作のラストが良かった。しかし、昔読んだ中山可穂とは趣が変わっているように感じる。しっとりとまとわりつくような空気感 タンゴの名曲が流れ出るような短編と中編。猫のドレブAとバンドネオンと表題作が好み。表題作のラストが良かった。しかし、昔読んだ中山可穂とは趣が変わっているように感じる。しっとりとまとわりつくような空気感は同じだけれど何となく普通になった気がして。これはこれで興味深く一気に読ませる筆力もあるのだけれど物足りないなぁ。物足りないからきっとまた読むことになる。 …続きを読む
    chimako
    2016年09月29日
    78人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 短編集であるが、ものすごく密度の高い本。タイトルにもあるが、「タンゴ」がテーマ。タンゴというダンスには馴染みがない。映像等で断片的に見た記憶しかない。しかし、この作品からタンゴというダンス ★★★★☆ 短編集であるが、ものすごく密度の高い本。タイトルにもあるが、「タンゴ」がテーマ。タンゴというダンスには馴染みがない。映像等で断片的に見た記憶しかない。しかし、この作品からタンゴというダンスがもつパワー、パッションが十二分に伝わってきた。前半はアルゼンチンが舞台。後半はベトナムが舞台。気のせいか分からないが、前半の方がタンゴのもつ情熱がより前面に押し出されている印象。表題作が含まれる後半は少し落ち着いた印象で、この後半の二作の方が中山さんっぽい作品であったという印象。いずれにしろおすすめの一作。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2013年05月11日
    13人がナイス!しています
  • 素晴らしかった。中山可穂の小説は湿度が凄い。あー興奮醒めやらない。5篇のうち、表題作「サイゴン・タンゴ・カフェ」は夢幻能を1曲観たかのよう。 素晴らしかった。中山可穂の小説は湿度が凄い。あー興奮醒めやらない。5篇のうち、表題作「サイゴン・タンゴ・カフェ」は夢幻能を1曲観たかのよう。
    さくらこ
    2013年03月16日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品